ホトケノザとヒメオドリコソウの特徴 違いや見分け方

ヒメオドリコソウとホトケノザが一緒に生えてる様子の写真
Pocket

小さな小さなピンクの花の「ホトケノザ」と「ヒメオドリコソウ」は、3月頃になるとあちこち出現します。
春を教えてくれる雑草のひとつ。

この二つの花は、野原で一緒に咲いてたり、似たような雰囲気もあるので、一見、見分けがつきにくかったり、間違えられやすい植物でもあるようです。

どちらも同じシソの仲間で、オドリコソウ属に分類されている植物。

でも、花の特徴や葉のようすが分かればもう迷いませんよ。

ヒメオドリコソウとホトケノザの違い

公園の脇に一緒に生えていた「ホトケノザ」と「ヒメオドリコソウ」。
どちらもシソ科オドリコソウ属の一年草で、春に花を咲かせます。(3月初旬のようす。)

両者は、公園や畑、道端でふつうに見られる雑草、野に咲く花。繁殖力が旺盛な植物。

 

ホトケノザの特徴

ホトケノザ(仏の座)
学名: Lamium amplexicaule

北海道以外の本州、四国、九州、沖縄に自生する。

葉の形が、仏様の台座(蓮座)のように見えるというのが名前の由来。
別名は、サンガイグサ(三階草)。葉が段状に付くところから3階建ての屋根のよう。
漢字では当て字で、「元宝草」や「宝蓋草」とも書く。

花言葉は「調和」「輝く心」。

※ 春の七草の1つである「仏の座」は、コオニタビラコ(小鬼田平子)のことで別の種類です。

 

ヒメオドリコソウの特徴

ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)
学名:Lamium purpureum

ヨーロッパ原産で明治時代中期に帰化した外来種。
主に本州を中心に自生する。

花の形が、笠をかぶった踊り子が並んで踊るさまに例えられるのが名前の由来。

ヒメオドリコソウの花言葉は「快活」「陽気」「愛嬌」。

※ ヒメオドリコソウは、オドリコソウ(L. album var. barbatum)の同属ですが、背丈・葉や花の大きさとも半分以下で小さいため「姫」の名を冠して呼ばれています。

 

ホトケノザとヒメオドリコソウの花の様子や違い

花は、どちらもシソ科の植物によく見られる「唇状花冠」。
形は似ているけど、花のようすは随分違います。

 

  • ホトケノザの花」は、蕾が濃い赤紫色。咲くとピンクで下唇片先が2裂し赤い斑点があります。上部の葉のわきに輪生させる。
  • ヒメオドリコソウの花」は、淡い紅紫色の花を咲かせています。ガクは紫色。上部の葉の脇に花を輪状につける。

 

個人的には、ホトケノザの方が華やかで可愛らしいイメージ。
ヒメオドリコソウは、ちょっと大人っぽくシックな装い。

 

ホトケノザとヒメオドリコソウの葉や茎の様子や違い

どちらも段々に茎があり葉が付いています。草丈は10cm~30cmほど。
姿、形はちょっと似ています。

 

  • ホトケノザの葉」は、対生で、扇状円形で縁に鈍い鋸歯がある。
  • ヒメオドリコソウの葉」は、対生で、卵円形で縁は鈍い鋸歯がある。
    上部の葉は密集してつき暗紫色を帯びる。
    葉をもむと、いやな臭いがあります。

 

ポイントのイラスト

葉が茎の先端になるほど紫色がかるのが、ヒメオドリコウソウ。

また、ヒメオドリコソウの葉は、ミントにもよく似ています。
でも触ってみるとミントの香りはありません。

ホトケノザの葉は、小さいながらも丸みを帯びてどっしりとした感じ。(仏の座)

 

 

野に咲く「ホトケノザ」と「ヒメオドリコソウ」のようす

ヒメオドリコウソウの群生。

赤紫と緑のグラデーションがきれい。
暖かい場所では冬にも花が見られるそうです。

 

一輪だけ咲いてたホトケノザ。

近寄ってみると、とても美しいです。
野に咲く芸術品のよう。