アセビ(馬酔木)~冬に白やピンクの小さなベルみたいな花を咲かせます

白いアセビ(馬酔木)の花の写真
Pocket

冬になると、白やピンクの小さな花を鈴なりに咲かせるアセビ。
ベルようなスズランみたいな花がとても可愛らしいです。

別名は、馬酔木(ばすいぼく)

葉っぱを食べた馬が酔っ払ったようにふらふらしてしまったことから付いたようです。
可愛らしい花をつける花木ですが毒もあるようです。

アセビの木 特徴や花の様子・種類

アセビの大きな木、近寄ると花がたくさん咲いています。(2月の中旬)

アセビの特徴

アセビは、日本の山に自生する常緑低木樹。
庭木や生垣などでも見かけたりします。

2~4月頃に、小さなつぼ型の小花が枝先にまとまって咲かせます。
アセビの花色は白が普通ですが、ピンクの花をつける「アケボノアセビ」や赤い花をつける「ベニバナアセビ」などの品種があります。

寒さや日陰に強く、手間がかからない育てやすい庭木と言われます。
花が咲いている期間が長いことや、常緑であることから、初めて庭木を育てるという人にも人気があります。

万葉集の歌にも歌われているほど、古くから慕われてきた植物です。

学名:Pieris japonica
英名:Japanese andoromeda
分類:ツツジ科 アセビ属
別名:馬酔木、アシビ、アセボ、アセミ
原産地:東アジア、日本
樹高:1~3m
花色:赤、ピンク、白
花期:2月~4月

花言葉:犠牲、二人で旅をしよう、清純な心

 

アセビ(馬酔木)の花のようす

花序は垂れ下がり、花は下向きに咲きます。

枝先に壺形の白い小花を総状にたくさんつけます。
まだ小さな蕾や花茎は赤いです。

グラデーションのようで、色合いがとても綺麗です。

開花すると真っ白へ
花冠の先は浅く5つに裂ける。雄しべは10個。

葉は光沢のある濃い緑色の楕円形で、互生(互い違いに生える)。
葉の先は尖り、縁には浅いぎざぎざ(鋸歯)があります。

 

 

ピンクのアセビ アケボノアセビ(曙馬酔木)

淡い紅色の花をつけるアセビの品種は、「アケボノアセビ」と呼ばれます。
白いアセビとはひと味ちがった華やかな雰囲気です。

学名:Pieris japonica f.rosea
別名:ベニバナアセビ、曙馬酔木

 

グラデーションに色づく花のようす。
薄いピンクから濃いピンクまで・・・

優しい色合いで花を咲かせるアケボノアセビ。
近くで見ると、オブジェみたいでとても可愛らしい。

蕾は真っ赤で小さなさくらんぼみたいです。

アセビは、よく花が咲く丈夫な常緑樹なので、庭木や生垣などにもよく利用されているようです。
ピンクのアケボノアセビの方が、ちょっとお洒落で目を引く感じがしました。

 

アセビ・アケボノアセビには毒があるの?

アセビの葉、花、枝には、毒性(アセボトキシン/グラヤノイド)があります。
誤食すると嘔吐や呼吸麻痺を起こし死にいたることもあります。

奈良公園では、シカが他の木を食べ、この木を食べないため、アセビが相対的に多くなっているそうです。

シカクワズ(鹿食わず)とも呼ばれるそうです。

アセビのイラスト

また、万葉集には10首の歌が詠まれています。

『池水に 影さへ見えて 咲きにほう あしびの花を 袖に扱入(こき)れな』
作者: 大伴家持(おおとものやかもち)

池水(いけみず)に影を映して、美しく咲いている馬酔木(あしび)の花を、袖に入れましょう。

ひっそりとした池や小山のある庭園で詠われてた歌だそうですよ。

 

ドウダンツツジの花とアセビの花の比較写真

ドウダンツツジとアセビ(馬酔木)の違い

2020-02-21