ドウダンツツジとアセビ(馬酔木)の違い

ドウダンツツジの花とアセビの花の比較写真
Pocket

ドウダンツツジの花とアセビ(馬酔木)はよく似ていて、どちらも白いベル状の小さな花を咲かせます。
ちょっとスズランみたいな花のよう。

どちらもツツジ科の植物ですが、花の付き方や開花時期が違ったりもしますよ。

早春の寒い時期から花を咲かせるのはアセビの花。春の暖かい時期になるとドウダンツツジの花をよく見かけます。

また、アセビは冬でも緑の葉を茂らせる常緑樹ですが、ドウダンツツジは落葉植物で秋には赤く紅葉して葉を落とします。

 

ドウダンツツジもアセビの違いや特徴 花や葉のようす

ドウダンツツジのとアセビの花。釣鐘状の小さな花が良く似ています。

 

ドウダンツツジの特徴

  • ドウダンツツジの花は、春に開花します。(4月中旬~5月上旬)

春に咲く壺形の白い小さな花。
新芽を開きながら開花していきます。
非常に丈夫な木で、刈り込みに耐え、小枝が密に出るので、生け垣用として使われることも多い。

 

  • 名前の由来
    花の作り、あるいは枝分かれの様子が「結び灯台」という燭台(昔のライト)に似ていることから「トウダイツツジ」と呼ばれるようになり、それが転訛して「ドウダンツツジ」となった。

 

学名:Enkianthus perulatus
分類:ツツジ科 / ドウダンツツジ属
和名:ドウダンツツジ(灯台躑躅)
別名:テマリバナ
樹高:1~3m

 

アセビ(馬酔木)の特徴

  • アセビ(馬酔木)の花は、冬から春にかけて開花します。(2月下旬~4月上旬)

早春に穂になって咲く、壺形の小さな白い花。
開花期も長く常緑なので生け垣などにも使われています。
ピンクや赤の園芸種もある。

 

  • 名前の由来
    馬がアセビの枝葉を食べると呼吸中枢が侵され、酔ったように脚が不自由になることから「アシビ(足痺れ)」の別名があると言われています。また「悪し実(あしみ)」から転じたとする説もあります。


分類:ツツジ科 / アセビ属
和名:アセビ(馬酔木)
別名:アセボ アシビ
樹高:1.5~2.5m

 

ドウダンツツジとアセビの花の違い

  • ドウダンツツジの花は、ひとつひとつの花が、枝にぶら下がるように下向きに咲いています。
  • アセビの花は、穂状に花を付けます。小さな花の固まりが枝いっぱいに垂れ下がるように咲きます。

 

大きさは、どちらも6~8ミリ程のつぼ型の花で、花冠の先は5つに裂けています。

 

ドウダンツツジとアセビの葉の違い

  • ドウダンツツジの葉は、枝先に5~6枚集まって輪生状につく。
    葉身は、卵型~倒卵形で鋭尖頭。
    縁には、上半分に細かい鋸歯がある。

ドウダンツツジの葉は、秋に紅葉し落葉します。

 

  • アセビの葉は、互生し枝の先に集まって輪生状につく。
    葉身は、長楕円形~倒披針状楕円形で先は鋭尖頭。
    縁には、荒く低い鋸歯がある。
    厚く濃緑色で光沢がある。常緑。

昔は、アセビの葉を煎じて農業用の殺虫剤として利用されていました。

 

ドウダンツツジのようす

満開のドウダンツツジの様子。
(ゴールデンウイークの兼六園でのようす)

真っ白で爽やかな花をたくさんつけます。

小さな鈴がたくさん付いてるよう。

若葉のようす。
茎は赤くなっています。

ドウダンツツジの紅葉のグラデーションは、とても素晴らしいです。
花も葉もどちらも楽しめる植物のようです。

ツツジの中では、もっとも紅葉が美しいとも言われています。

春の若葉と、紅葉が始まった秋の葉は、形や雰囲気もちょっと違いますね。

 

アセビのようす

アセビの大きな木。
梅が咲いてる時期にたくさんの花を咲かせていました。(2月の中頃、長崎にて)

鈴なりに花をたくさんつけています。

小さな蕾は赤くなっています。
開花するにしたがって白くなっていきます。

若い茎も赤っぽい。

ピンクのアセビは、「アケボノアセビ」
花の色のグラデーションがとても美しいです。

 

アセビのようすや詳しい記事はこちらにも書いています。

白いアセビ(馬酔木)の花の写真

アセビ(馬酔木)~冬に白やピンクの小さなベルみたいな花を咲かせます

2020-02-21

 

スズラン(鈴蘭)の花

スズランの花は、
キジカクシ科 スズラン属に属する多年草。

春の訪れを知らせる代表的な花。

草花のスズランは花木ではありませんが、ドウダンツツジやアセビの花を少し似ています。