セイヨウニンジンボクが大きくなってびっくり!特徴や育て方

セイヨウニンジンボクの写真
Pocket

暑い夏でも爽やかな薄紫の花をたくさん咲かせてくれるセイヨウニンジンボク。
近づくと、ふんわり~としたこれまた爽やかな香りがします。

優しい色合いがとても素敵な花木です。

園芸店で買った小さなセイヨウニンジンボクがあっと言う間に大きくなってびっくりしています。
丈夫で育てやすい花木ですよ。

セイヨウニンジンボクを植えてみた。特徴や育て方

セイヨウニンジンボク はシソ科ハマゴウ属の植物。落葉低木。
原産地は南ヨーロッパから中央アジアです。明治時代に日本へ渡来したそうです。

普段あまり見かけない木ですが、とっても綺麗な花を咲かせます。
花が少なくなる初夏から秋にかけて、勢いよく咲いてくれますよ。
育てやすくもあるので、これから人気がでそうな気がします。

セイヨウニンジンボクとの出会い

家にあるセイヨウニンジンボクは、近くのホームセンターで購入しました。

実は、ディスカウントしてるコーナーにあった見切り品。
お店のすみっこに並べられてありました。
花もなく名札もなかったので、「どんな花が咲くのかな~」って、「育ってくれれば良いな~」って買ってみた植物なんです。
良く覚えていないのですが、200円位で買ったみたい。

とても小さかったので、こんなに大きくなるとも思わず花壇のひとコーナーに植えてみた所、
みるみる内に大きく育って、1年目には1メートル越え、2年目には2メートル越えとなり、
嬉しいを通り越して、内心とてもびっくりしています。

セイヨウニンジンボクの特徴

梅雨の頃から初秋に 薄紫、すみれ色の唇形をした小さな花を穂状に咲かせます。

幹はしっかりしていますが、枝が細めなので風にゆらゆら揺れてとても美しいです。
花期も長く楽しめます。6月からずっと咲いています。花期(6月~11月)

花にも葉に香りがあります。
爽やかなきりっとした香りがします。甘い香りではなくてスッキリしたクリアーな感じです。
乾燥した実はコショウの代用として使われたり、女性のホルモンバランスを改善するハーブとして活用されているそうです。

ニンジンボクは葉がヤクヨウニンジン(薬用人参)に似ていることから名づけられたそうです。

乾燥や暑さにも強く、生育旺盛で育てやすい落葉低木です。
高さは、2m~3m

セイヨウニンジンボクの蕾

若緑の丸いつぼみがたくさんつきます。
下の方から円錐ぽく、次々花が咲いていきます。

セイヨウニンジンボクの葉

葉は披針形の小葉が5~7枚程度集まった手のひらの形、掌状(しょうじょう)、葉が向かい合ってつく対生です。
葉っぱは、花が終わって結実した後、落葉していきますよ~

葉が落ちた冬になると、少しボウボウした感じの枝が残ります。

セイヨウニンジンボクの種

花が終わったら種もいっぱい~
種は、実は球状の核果です。

種からもそんなに難しくなく育てられるみたいでね。2~3年で開花するみたいです。
挑戦してみようかな~😊
ちょっとシソの実みたいな感じですね~ 種からも良い香りがします。

セイヨウニンジンボクの育て方

丈夫な花木で、日当たりと水はけのよい場所に植えれば、まず大丈夫だと思います。
私の場合、買ってきて植え付けした後は、ほぼほぼ放置気味だったり・・です。
暑い日の水やりと、液体肥料を他の植物に与える時に同時に与えたりしています。

  • 栽培環境 

日当たりと水はけのよい場所、ジメジメし過ぎず、乾きすぎない土壌が適します。午前中に日が当たるような場所から日なたで、冬に乾燥した寒風が当たらない場所を選びます。 寒さの厳しい地域では防寒対策が必要になります。(関東以西の暖地であればまず問題ない。)

  • 水やり

乾燥気味な環境を好むので地植えの場合は特に必要ありません。極端に乾燥する夏の高温期には、朝か夕方に水やりします。

  • 肥料

春先に緩効性肥料を与えます。

  • 剪定

花は翌年の春以降に伸びた枝につくため、花の後であれば時期を気にせず剪定できます。
適期は2月下旬~3月です。
剪定に強く新芽を出す力も強いので、好きな高さ、樹形に育てやすい植物です。

※放置しているとどんどん大きくなる植物です。あまり大きくしたくない場合は、冬の休眠期に新芽を残しつつ、短めに切っても大丈夫みたいです。

花後に切り戻すと、秋に再び花を付けます。

  • 増やし方

春と秋に挿し木で殖やすことができます。

適期は3月、9月で、枝を2~3節で切り取り、節の下1㎝程度のところを斜めにカットします。
付いている葉は1/2~1/3程度の大きさに切り、水揚げをします。
挿し木用土に挿して、水を切らさないように明るい日陰で管理します。
発根には2~3ヶ月程度かかります。

※病害虫の発生はほとんどありません。

セイヨウニンジンボクは、育て安く丈夫な花木だと思います。
涼しげに咲く花は、暑い夏の盛りにひときわ目立って素敵ですよ。
ハーブガーデンにも似合いそうな花だと思います。

pino
とっても丈夫で手間いらず!
ちょっと大きくなりすぎるのがビックリ(@_@)
少しずつではなくて、あっと言う間に大きくなる花木ですね😊

セイヨウニンジンボクは薄紫の花がメジャーですが、ピンクの花や白の花もあります。紫がかった葉をもつ品種(プルプレア)という種類もあります。

花言葉「純愛」「思慕」「才能」です。