バショウ(芭蕉)の花や実 バナナとの違い

見かけたバショウ(芭蕉)の花と実の写真
Pocket

おやおや「バナナの花が咲いてる!」とびっくりしたら、調べてみるとバショウ(芭蕉)でした。
実も生っていて、バナナそっくり。

バショウも、バナナの仲間。
英語ではジャパニーズ・バナナと呼ばれています。

バナナの仲間では、もっとも耐寒性があり、強健で栽培容易だそう。
でもバナナみたいに美味しく食べるのはちょっと難しそうです。

バショウってどんな植物? 特徴は?

バショウの木、葉や茎、実、花の写真

バショウ(芭蕉)は、バショウ科バショウ属の多年草。
千年以上前に日本へ渡来したといわれ、本州から沖縄まで広い範囲に植栽されています。

学名:Musa basjoo
科名:バショウ科
属名:バショウ属
和名:甘蕉

大きさ:高さ:3~4m/葉身長:1~1.5m/葉柄長:30cm/果長:6cm

バショウの花や実 茎や葉

バショウの木、花序の様子、雄花、総苞、花茎、果実の写真

花期は7〜9月で雌雄異花
大型の花序を垂れ下げます

雄花は、雄花は花序の先端につけます。
苞がめくれて間にある雄花が咲きます。

雌花は、雌花は花序の基部につけます。(長さ6~7cmで黄白色)
最初に雌花が咲き、花後に果実をつけます。

果実は、見た目バナナそっくり。果実は2列で段状に並んでいます。

に見えるのは偽茎(ぎけい)と呼ばれ、葉鞘(ようしょう)が地下茎から伸び、地上で何重にもなっていて茎に見えるもの。
葉鞘=葉の基部が茎を抱き包むように発達しているもの。

は、大型の楕円形で、中心の葉脈から垂れ下がります。
風雨にさらされて簡単に破れてしまう。

 

バショウとバナナの違い

バショウの花とバナナの花の比較写真

バショウ」も「バナナ」もバショウ科バショウ属の大型の多年草。

花の違い:バショウの花は黄色がかっていますが、バナナの花は一般的に紫色。

葉の違い:バナナは、葉の裏に白い粉がある。バショウにはない。

育つ環境の違い:バショウは、耐寒性があるため、本州の露地でも育りますが、バナナは熱帯性のため寒さに弱く温帯気候では育たない。

バナナなの?と、
お散歩して見かけたら、きっとバショウみたいですよ。

バナナは美味しいけど、バショウは食べれる?

また、バショウは、種が多く渋味が強い。
食用には向かないそうです。(追熟をすることによって食べられるとも聞きますが・・・)

バナナは、「実芭蕉」ともいわれます。

 

バショウの花言葉:「燃える思い」
バナナの花言葉:「風格」

 

芭蕉(バショウ)の近縁種

糸芭蕉(イトバショウ)」
琉球芭蕉とも呼ばれ沖縄に自生しています。
葉鞘の繊維で芭蕉布を織り、衣料などに利用されています。

花芭蕉(ハナバショウ)」
若干小型で鮮やかなピンクの花(ガク)を咲かせます。

 

露地のバショウのようす

露地に咲いてたバショウの花とバナナみたいな実の写真

 

露地のバショウの木、長い花茎と花、大きな葉の写真

 

露地のバショウ、大きな花の写真

 

露地のバショウ、花のアップ写真

 

空とバショウの花と実の写真

芭蕉根(バショウコン)、芭蕉葉(バショウヨウ)という名で生薬でも用いられています。
葉の生の汁は傷口に塗布すると出血が止まるとも言われています。

 

また、バショウの大きな葉は物を包むのに用いられたり、繊維質の茎は布やロープに利用されるなど生活にとって役立つ植物のようです。