背が高いタンポポみたいなブタナ タンポポモドキの花

野原に咲いてるブタナの群生
Pocket

野原や道端でみかけるタンポポによく似た黄色の花。
花はタンポポそっくりだけど、ひょろんと背丈が高い植物は、ブタナの花かも。

「ブタナの花」の開花時期は、タンポポよりも遅く初夏から花を咲かせます。

「タンポポモドキ」という別名があります。
英名には、「cat’s-ear (ネコの耳)」という名もついています。

タンポポの似てるブタナの花ってどんな花? タンポポとの違い

キク科エゾコウゾリナ属の多年草。
ヨーロッパ原産で、日本では外来種(帰化植物)として各地に広がっています。

 

ブタナ(豚菜)の特徴

開花時期は6〜9月頃。外観はタンポポに似るが、ブタナは30〜60cm程度の花茎が途中で数本に枝分かれし、それぞれの頭に直径3cmほどの黄色い花をつけるのが特徴。また花茎に葉は付いていない。 引用:Wikipedia

「ブタナ」は、花はタンポポによく似ていますが、花茎は硬くひょろんと伸びて途中で数本(1~4本)に分枝しています。

ブタナ(豚菜)という変わった名前は、フランス語の俗名「豚のサラダ」が直訳されています。(Salade de pore)豚が好んで食べる花のよう。

原産地であるヨーロッパではハーブとして親しまれてるようです。若葉は癖がなくサラダなどに、根は炒って、コーヒーの代用となるようですよ。

 

群生していると黄色いお花畑となって、とても綺麗なブタナですが、

国立環境研究所のデーターベースには、外来生物法で要注意外来生物に指定されています。

土壌環境に対する適応力が強いため、やせた土壌でもよく生育し繁殖するようです。

 

学名:Hypochaeris radicata
科・属名:キク科/エゾコウゾリナ属
花期:6~9月頃
花言葉:最後の恋

 

ブタナの花の様子

花茎の先端に径3~4cmの黄色い花を咲かせます。

この丸い花は、小さな花の塊の頭状花(とうじょうか)。
花びらに見えるのが花で、多数集まって、一つの大きな花のように見せています。
より昆虫の目を引くようにしているようです。

小さな花は、キク科に特有の舌状花(ぜつじょうか)。
花びらの先には5つの切れ込みが見られます。その中に雄しべと雌しべがあります。

 

ブタナの葉と茎の様子

葉は、ロゼット状に地面に張り付いています。
不揃いの切れ込みがある細長い楕円形。

一株から茎がたくさん出ています。

 

野原に咲いてるブタナの様子

野原にブタナが群生していました。

一株は、からり大きくたくさんの花を咲かせています。
背丈も高いので存在感があります。

 

茎は細く、茎から葉も出ないので、ひょろひょろとした感じがします。
風が吹くと、ユラユラなびきます。

 

色が鮮やかで、目立ちます。
野原の主役になりそうですね。

 

輸入された牧草や緑化用の種子に混入してきた帰化植物のようで、雑草扱いされていますが、花はとてもきれいです。

花だけ見ると、やっぱりタンポポに似ています。

 

 

タンポポ(蒲公英)とブタナ(豚菜)の違い

「タンポポモドキ」と名前が付けられるほど、似通った花を咲かせる「ブタナ」ですが、「タンポポ」とは、かなり違いもあるようです。

☆ ブタナ(豚菜)は、キク科エゾコウゾリナ属。
☆ タンポポ(蒲公英)は、キク科タンポポ属。

日本に自生しているタンポポは、約20種と言われてますが、普段みかける道端には、生えて外来種のセイヨウタンポポと呼ばれるもが多く見られます。

 

ブタナ(豚菜)とタンポポ(蒲公英)の見分け方

  • 花の付け方

「タンポポ」は、1つの花茎に1つの頭花をつける。
「ブタナ」は、花茎が枝分かれして複数の頭花をつける。

 

  • 花茎が長さ

「タンポポ」は、普通15センチ前後。
「ブタナ」は、20~60cm程度。

 

  • 葉の様子

「タンポポ」は、葉の切れ込みも鋭く、
「ブタナ」は、葉の切れ込みがなだらかです。茎はタンポポに比べて細く、固い。

 

※ タンポポは、春先によく見かけますが、四季を通して咲いているのもあります。
白い花を咲かせる種もあります。

タンポポの別名は、「鼓草(つづみぐさ)」。

英語名の「ダンデライオン」は、独特の葉のギザギザを、荒々しい獅子の歯並びにたとえたからだそうです。

 

白い花粉がついてるアザミの花の写真

あざみの花に白いポチポチ 白い粉は花粉 

2020-04-27
シレネの花畑

芝桜に似たピンクの花 シレネのようす

2020-05-07