九州 ひな祭りイベント 2019 「桃の節句を楽しもう!」

柳川のさげもんとお雛様の写真
Pocket

女の子の成長を祝うお節句の雛祭り(ひなまつり)

九州各地のイベントでは、多彩なひな人形を見ることが出来ます。
1度にたくさんのお雛さまを見る機会はそうはないもの

いち早い春を感じながら、風情のある街を散策しながら、

可愛らしいお雛様めぐりにお出かけしませんか。

九州のひな祭りイベント13選! 見どころやアクセス

お雛様のアップ写真

雛祭り(ひなまつり)は、女子の健やかな成長を祈る節句の行事。

江戸時代から一般的に祝われるようになったといわれています。
雛人形や桃の花を飾り、ひなあられや白酒などをお供えして、女の子の健やかな成長を願います。

ひな人形のお雛様は、女の子の厄を引き受けてくれる有り難い存在だそうです。
また、飾る桃の花には「魔除け」や「長寿」のパワーがあるそうです。

 

福岡 門司港レトロひな祭り

門司港レトロ地区一帯で開催されるひな祭り。
明治から平成の赴きのある建物と雛人形を見ながらレトロな街並みを散策出来ます。

スタンプラリーやワークショップなどのイベントも開催されます。

  • 2019年2月2日(土)〜2019年3月3日(日)

 

所在地:福岡県北九州市門司区門司港レトロ地区一帯
お問合わせ:093-332-0106(門司港レトロ倶楽部)
アクセス:🚗門司港ICより10分
🚃JR「門司港」駅下車徒歩すぐ
HP:http://www.retro-mojiko.jp/

福岡 柳川雛祭り さげもんめぐり

柳川独特のつるし飾り、色鮮やかなさげもんとお雛様を市内各所で見ることができます。

「さげもん」は、江戸末期頃より、女の子が生まれると初節句のお祝いとしてお雛様の代わりに古着の端切れで小物を作り飾ってお祝いしたのが始まりだそう。
縁起の良い鶴やウサギ、ひよこ、這い人形などの布細工と鮮やかな糸で巻き上げた「柳川まり」とを組み合わせたものです。

「おひな様行列」や「おひな様水上パレード」などの催しが開催されます。

  • 2019年02月11日~2019年04月03日

 

所在地:柳川市内の観光施設、商店街、各店舗
お問合わせ:0944-74-0891 (柳川市観光案内所)
アクセス:🚗九州自動車道みやま柳川ICから約20分
🚌:西鉄天神大牟田線「西鉄柳川駅」から西鉄バスで約15分、「御花前」下車、徒歩すぐ
HP:柳川雛祭り さげもんめぐりの詳細

福岡県 いいづか雛(ひいな)のまつり

本町商店街内には、「創作雛」や「さげもん」等で会場を彩られ、街中がひな人形ので華やかになります。

旧伊藤伝右衛門邸の本座敷には、毎年テーマを変えて500体から800体の座敷雛が飾られます。

絵画展・散策会・お茶会等のイベントがあります。

  • 2019年02月02日~2019年03月26日

 

所在地:福岡県飯塚市
お問合わせ:0948-22-351( 飯塚観光協会)
アクセス:🚗九州自動車道福岡IC又は八幡ICより何れも約40分。
🚃:福北ゆたか線新飯塚駅下車、徒歩10分。
HP:http://www.kankou-iizuka.jp/

福岡県 筑後吉井おひなさまめぐり

うきは市吉井町、伝統的建造物群保存地区でもある白壁土蔵の町並みを散策しながら、江戸時代から現在までの豪華なものから珍しい数多くのおひなさまを見学できます。

歌舞伎や浮世絵を題材に、女性達が手作りした庶民のおひなさまである「おきあげ」や「箱雛」が有名です。

人力車乗車会などの催しや「うきはスイーツめぐり」もあります。

  • 2019年02月11日~2019年04月03日

 

所在地:福岡県うきは市吉井町
お問合わせ:0943-76-3980(うきは市観光協会)
アクセス:🚗大分自動車道朝倉ICから約10分
🚃:JR久大本線筑後吉井駅下車
HP:http://welcome-ukiha.jp/

福岡県 八女ぼんぼりまつり

九州一の雛人形づくりの町の八女、白壁通りの町家や民家、商店街の店舗など合わせて100か所以上に雛人形が展示しています。

江戸期から昭和30年代まで作られていた珍しい箱びなを見ることが出来ます。

「ひなマルシェ」「おひなさまパレード」「十二単衣と束帯姿の結婚式」などのイベントも楽しそう。
ぼんぼりまつり期間中の毎週日曜日に、市内を巡る無料バスツアーを実施されます。

  • 2019年02月10日~2019年03月10日

 

所在地:福岡県八女市福島地区一帯
お問合わせ:0943-23-1192(八女市役所観光振興課)
アクセス:🚗九州自動車道八女ICから約10分。
🚌西鉄久留米駅で西鉄バス乗り換え、福島下車徒歩10分。
HP:

大分 天領日田おひなまつり

江戸時代に天領として栄えた日田市、豆田町や隈町の旧家や資料館では、貴重なひな人形やひな道具が公開されます。

当時の豪商たちが京都や大阪などで買い求めた豪華なひな人形が、今でも数多く残されています。

豆田町は、重要伝統的建築群に指定されています。昔ながらの風情ある町並みが散策できます。

「豆田流しびな」「懐(なつ)かしのきもの展」などのイベントが開催されます。

  • 2019年02月15日~2019年03月31日

 

所在地:大分県日田市
お問合わせ:0973-22-2036(日田市観光協会)
アクセス:🚗
🚃JR久大本線「日田駅」から徒歩15~20分
HP:https://www.oidehita.com/

大分県 城下町中津のひなまつり

黒田官兵衛が築いた城下町の街並みに江戸中期から現代までのお雛様が展示されています。
有職雛(ゆうそくびな)、享保雛(きょうほびな)、古今雛(こきんびな)他、おきあげ雛、一文雛(いちもんびな)などのお雛様も一見の価値ありです。

中津城(奥平家歴史資料館)では「人間ひな飾り」が行われます。
お城をバックに珍しい人間雛を見ることができますよ。

お姫様体験や琴の演奏会やオーロラ源星太鼓などのイベントや、
中津のからあげ、お菓子、カフェと観光地をめぐるスタンプラリーなどが開催されます。

  • 2019年02月16日~2019年03月10日

 

所在地:中津市(中津城、福澤諭吉旧居、諸町、南部まちなみ交流館)
お問合わせ:0979-64-6565(中津耶馬溪観光協会)
アクセス:🚗東九州自動車道上毛SICから約20分
🚃JR日豊線中津駅下車
HP:https://www.visit-oita.jp/

大分県 城下町杵築散策とひいなめぐり

日本唯一の「サンドイッチ型城下町」と呼ばれる小京都、杵築(きつき)を散策しながら約30ヶ所で武家と商家に代々伝わる優雅のお雛様を見学出来ます。
町中には大小合わせて20本近くの坂道が残されています。

お雛様を「ひいな」と呼ぶのは杵築だけだそうです。

フォトコンテストやスタンプラリーなどのイベントが開催されます。

  • 2019年02月23日~2019年03月24日

 

所在地:大分県杵築市
お問合わせ:0978-63-0100( 杵築市観光協会)
アクセス:🚗大分空港道路杵築ICから5分。
🚃JR日豊本線杵築駅下車、バスで約10分。
HP:https://kit-suki.com/

大分県 うすき雛めぐり

紙で仕立てたシンプルで気品のあるお雛様が展示されています。
旧真光寺、久家の大蔵、サーラ・デ・うすき、臼杵市観光交流プラザの4か所がメイン会場です。

雛づくり体験などが実施されます。
うすき雛めぐりスタンプラリーでは、先着100名様へうすき雛めぐり限定のお菓子がプレゼントされます。

  • 2019年02月08日~2019年03月17日

 

所在地:臼杵市
お問合わせ:0972-64-7130(臼杵市観光情報協会)
アクセス:🚗東九州自動車道臼杵ICから約10分
🚃日豊本線臼杵駅から徒歩約10分
HP:http://www.usuki-kanko.com/

熊本県 人吉球磨は、ひなまつり

球磨川と温泉の城下町人吉球磨地域一帯の観光施設や商店街など約100カ所を手作りのひな人形や「つるしびな」、木材を曲げて作った「まげわっぱひな人形」など個性的なひな人形が展示されます。

「すべての女性を優しく迎える春のひとよし・くま」がテーマで、女性の方を対象にした盛沢山な企画があります。

おひな御膳やスイーツも楽しめますよ。

  • 2019年02月01日~2019年03月21日

 

所在地:熊本県人吉球磨一体
お問合わせ:0966-23-3080(人吉球磨広域行政組合)
アクセス:🚗九州自動車道人吉ICから約10分
HP:https://www.hitoyoshikuma.com/

長崎県 平戸松浦家のひな人形

松浦史料博物館に蓁姫の雛人形と雛道具が飾られます。百点にものぼる雛道具は大変豪華で精緻なものです。
(平戸藩主松浦家に伝わる名品約3万点を所蔵する博物館です。)

江戸時代には花嫁道具のひとつに雛人形・雛道具があり、特に大名家などでは実際の花嫁道具と同じくミニチュアの雛道具を持参したそうです。

  • 2019年01月10日~2019年04月03日

 

所在地:平戸市鏡川町12番地
お問合わせ:0950-22-2236
アクセス:🚗西九州自動車道佐々ICから約24km
🚌平戸桟橋バスターミナルから徒歩5分
HP:http://www.matsura.or.jp/

長崎県 島原城下ひなめぐり

城下町島原を散策しながらのひなめぐり。
島原城観光復興記念館を主会場に武家屋敷や市内の商店街、旅館、ホテルなど100ヶ所以上に約3,000体の人形が飾られます。

島原の風土に合った押し絵雛や豪華な七段飾り、親子代々受け継がれてきた歴史ある人形、全国のかわり雛、市民手作りのお雛様などが展示しています。

「人間ひな行列と流しびな」や甘酒のふるまい、ワークショップなどのイベントが開催されます。

  • 2019年02月02日~2019年03月10日

 

所在地:島原市島原城、武家屋敷、市内商店街 他
お問合わせ:0957-62-3986(島原城下ひなめぐり実行委員会)
アクセス:島原鉄道・島原駅から徒歩5~10分
HP:https://www.shimabaraonsen.com/

「島原城の梅まつり」に合わせて行くのもよさそうです。

島原城の梅の見どころ~古野梅苑や枝垂れ梅が綺麗です。

2019.02.13

鹿児島県 薩摩のひなまつり

桜島を望む島津家別邸「仙巌園」では、梅や桜が美しい季節に「薩摩のひなまつり」が開催されます。
尚古集成館では、「姫たちの愛したもの~島津家に伝わる ひな道具と人形展~」島津家に伝わる貴重なひな人形やひな道具が展示されます。

「流しびな」や和歌を詠む風流な春の宴などの催し物があります。

  • 2019年02月16日~2019年04月25日

 

所在地:鹿児島県鹿児島市仙巌園
お問合わせ:099-247-1551(仙巌園)
開園時間:8:30~17:30
入場料:大人・高校生1,000円 小中学生500円(庭園 尚古集成館)
アクセス:🚗九州自動車道姶良I.Cから約20分
🚌鹿児島中央駅より約30分
HP:https://www.senganen.jp/