西都原の桜と菜の花の饗宴は圧巻で最高でした!

山々を背景とした西都原の菜の花と桜の写真
Pocket

宮崎県西都市にある西都原古墳群へ桜と菜の花のコラボお花見へ行って来ました。

想像以上に素晴らしくて感激でした。

雄大で開放的な風景に包まれて咲く30万本の菜の花と2000本の桜の景色は生涯忘れられないかも・・・
別天地? いつまでも夢に出て来そうな光景でした。

この時期「西都花まつり」も行われていて、多くの観光客が集まり大変賑やかなひと時でしたよ。

西都原の桜と菜の花のお花見へ

西都原公園の菜の花、桜、山並みの風景写真

宮崎県の中央部に位置する西都原

標高60から80メートル程の西都原台地には、南北4.2キロ、東西2.6キロにわたって300基以上、大小さまざまな古墳が点在しています。

西都原古墳群は、4世紀前半から7世紀前半にかけてつくられた日本最大級の古墳群で.国の特別史跡になっています。

 

住所: 宮崎県西都市大字三宅字西都原
アクセス :🚗東九州道西都ICから約10分
🚃:JR佐土原駅から宮崎交通バスで約30分 西都バスセンター下車 そこから車で約5分

※「西都花まつり」期間の土日には、西都バスセンター~西都原古墳群間の臨時バスが運行されます。

 

西都原の桜並木と菜の花

西都原の桜並木と菜の花畑の写真

西都原では、桜並木と菜の花が一度に見れます。
心から春を味わえます(^o^)

どちらも見頃を迎えて満開といった様子でありました。

 

西都原の桜のアップ写真

『ソメイヨシノ』 優しい色合いで心がくすぐられます。

 

西都原の菜の花のアップ写真

『菜の花』 西都原の菜の花は、背丈も高くて大きい花でとても綺麗でした。

 

男狭穂塚、女狭穂塚古墳の前にある桜並木と菜の花畑の写真

男狭穂塚(おさほづか)女狭穂塚(めさほづか)古墳の前にある約800mの桜並木です。
桜の下を菜の花を見ながら歩けますよ。

菜の花は黄色のジュータンのように広がっています。
広大です!

鬼の窟古墳の上から見た桜・菜の花・広場風景の写真

鬼の窟(いわや)古墳の上から見た風景1

広場ではシートを敷いてお花見してたり、子供達が遊びまわったり・・・
シャボン玉を飛ばしている人もいましたよ。

鬼の窟古墳の上から見た菜の花畑と桜と山の写真

鬼の窟(いわや)古墳の上から見た風景2

山々が背景に春の美しい景色がひろがります。
桜もあちこちに見かけます。

西都原の菜の花畑の風景写真

背の高いしっかりした菜の花がたくさん植えられていました。

市民ボランティアの方々の手で約6ヘクタールの畑に植栽された菜の花だそうです。
本当にありがたいです。

西都原、菜の花畑と桜の写真 西都原、桜と菜の花畑の写真

 

西都原考古博物館

宮崎県立西都原考古博物館の外観写真

西都原古墳群の西側にある「宮崎県立西都原考古博物館」へも行ってみました。
古墳群全体を展示物と捉えたフィールドミュージアムになっています。

入場無料です。

3階には、レストランと展望所があります。
西都原の景色を見ながらワンコイン(500円)で美味しいランチも食べれますよ。

 

宮崎県立西都原考古博物館のHP

宮崎県立西都原考古博物館の3階の展望所からの風景写真(菜の花)

展望所からは、自然豊かなとても気持ちが良い景色が広がります。
菜の花畑は黄色になっています。

宮崎県立西都原考古博物館の3階の展望所からの風景写真(庭園と高取山)

反対側には高取山を背景に美しい庭園がみえますよ。
桜や青モミジがとてもキレイ!

高取山には展望台があります。
小高い山になっています。

4月初旬~中旬頃になると、高取山斜面は6千本のミツバツツジが見頃を迎え山が燃える如く深紅に姿を変えるそうですよ。
所々うっすら赤く色づいて見えてました。

高取山のミツバツツジ

高取山の赤いミツバツツジのアップ写真

気になって見に行ってみました。

所々に咲いてる木がありました。
色あざやかでびっくりです。

とても綺麗な赤いミツバツツジです。赤紫のミツバツツジもありましたよ。
見頃は見事でしょうね!!

 

西都原の桜と菜の花の感想

昨年、ヒマワリ畑が素晴らしすぎてもう一度訪れてみたかった「西都原」
桜&菜の花も期待以上でとても感動しました。

秋には、コスモス畑になるそうです。
西都原までは、車で3時間以上かかるけど訪れてみたいなー

宮崎 ひまわり~西都原古墳群、100万本のヒマワリ畑が素晴らしい!

2018.07.19