ハマボウの特徴や育て方~夏を彩る黄色のアオイ科

公園に咲いていたハマボウアイオのアップ写真
Pocket

夏になると、黄色の花をいっぱい咲かせるハマボウアオイ。

普段はあまり見かけない木だったりそますが、大きなハマボウの木を目撃した時には、はっとして心洗われるような感動があります。

一瞬で、心奪われていまいそうな爽やかな花を咲かせています。

ハマボウアイオってどんな花? 特徴や育て方

海の近くの公園に咲いていた大きな木に花を咲かせてるハマボウの写真

ハマボウアオイ」は、関東南部以西の本州、四国、九州と韓国の済州島に分布しアオイ科ヨウ属の落葉中木。

ハマボウアオイの特徴

樹高は1-5mほどで、夏になると黄色の花を咲かせます。
朝開いて夕方には咲き終わる一日花です。

日本原産の野生のハイビスカス。
河口や入り江など、海岸近くに生える植物(塩生植物)で、温帯のマングローブともいわれています。

学名:Hibiscus hamabo
和名:ハマボウ(浜朴)
別名:キムクゲ(黄槿)

名前の由来は、浜辺に生える朴の木(ホオノキ)を意味する。

花言葉:楽しい思い出

 

ハマボウの花

美しいハマボウのアップ写真

花は直径5~8㎝ほどの5弁花。螺旋(らせん)状に巻いています。
柔らかい黄色の花びらの奥、つけ根のほうは暗い紅色をしています。

一見、大きな木に咲く小さなハイビスカスと言った感じ?
ムクゲや芙蓉の花にもちょっと似ています。

でも、ムクゲや芙蓉には、黄色の花はなさそうですね。

ハマボウの雄しべや雌しべの様子の写真

アップにしてみると・・・雌しべと雄しべ

花柱は突き出て5裂。
雄しべは多数あって、くっつき合って雌しべの周りを取り囲んでいます。

ハマユウの花にアゲハ蝶が蜜を吸ってる様子のアップ写真

大きなハマボウの木には、たくさんのアゲハ蝶が集まって来ていました。

昔は、こんな光景をよく見かけたりしましたが、最近は少なくなりましたよね。

 

一日花のハマボウ、しぼんで燈色となっている様子の写真

朝咲いて夕刻にはしぼんでしまう一日花のハマボウ。
しぼんだ花は燈色に変わります。

 

ハマボウの蕾

ハマボウの咲き始めた蕾、まだ小さい蕾のアップ写真

ハマボウのつぼみ

 

ハマボウの葉

ハマボウの葉を小さい蕾の写真

ハマボウの葉は、ふっくら丸く先は短く尖っていて、細かい鋸歯があります。

冬の初めには紅葉して、緑だった葉は黄色や赤に変わって落ちます。

可愛らしい形の葉っぱ、そして紅葉してゆく様子も楽しめるので盆栽などにも使われています。

 

ハマボウの大きな木

大きな木にたくさんのハマボウが咲いている様子の写真

一日花なのに、木にはこんなにたくさんの花が咲いています。
次から次に花が咲いてるみたいです。

ハマボウの花は、レモンイエローみたいな黄色で本当に爽やかです。

近年は、個体数が減少して絶滅種・準絶滅危惧種に指定されている府県もあります。

ハマボウが咲いてる様子の写真

 

ハマボウの育て方

綺麗なレモンイエローのハマボウのアップ写真

 

  • 【場所】
    日当たりのよいところ。
    深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度の腐葉土若しくはバーク堆肥を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつける。根付くまではあまり乾燥させない。
  • 水やり】
    地植えの場合は特に不要。
    夏などに地面が乾燥したときは、たっぷりと水やりをする。
  • 肥料
    幼木のときは、2月ごろに、油カスと化成肥料を等量に混ぜたものを株元に二握り程度与える。
    大きくなればなくても良い。(又は、春先と開花後に与える)
  • 剪定
    自然に樹形をつくるので剪定はあまり必要がない。
    伸びすぎた枝などは、1~2月ごろに切り詰める。
  • 増やし方
    挿し木(5~6月、または9月下旬~10月)
  • 病虫害
    ハマキムシに注意します。

 

秋には実がなるハマボウ。
先がとがった花のつぼみみたいな茶色の実の中には、4ミリほどのマメのような種がたくさん入っています。

種は海に流されても死なず、流れ着いた海岸で成長するそうです。
種からも育てられそうですね。