ユウスゲ(夕菅)の花 夕方に咲く美しい黄色の花

ユウスゲの花の写真
Pocket

ユウスゲ(夕菅)は、ユリに似た花で夕方に開き、朝にしぼんでしまう一日花。

夏の夕暮れに、細長い葉の間からまっすぐ伸びた長い花茎の先に、爽やかなレモンイエローの花を咲かせます。

キスゲの仲間ので、単にキスゲとも呼ばれます。

ユウスゲ(夕菅)の特徴 花・葉・果実の様子、似た花、育て方

ユウスゲがたくさん咲いてる様子の写真

本州、四国、九州に分布する山地の草地に生える多年草。

 

ユウスゲの特徴

ユウスゲの背丈は100~150センチ程で、高くスラリとしており、1茎に数輪の花があり次々に開花します。

花色は淡黄色で、夕方になると開き、翌日午前中に閉じる一日花。わずかに芳香があります。

花は食用にもなります。
中国料理で「 金針菜」とよばれているのは、ユウスゲやホンカンゾウの花(蕾)を乾燥させたもの。

名前の由来は、スゲは葉がカヤツリグサ科のスゲ属に似ていること、そして夕方に開花することからついてます。

ユウスゲの同種で、本州中部の山地に分布するものは「アサマキスゲ」と呼ばれ、葉が広く大型。

学名:Hemerocallis citrina var. vespertina
科・属名:ツルボラン科(ユリ科)・ワスレグサ属
別名:キスゲ (黄菅)、カオリキスゲ、アサマキスゲ
分布:本州、四国、九州
花期:6月下旬~9月
草丈:50~150㎝
花言葉:「麗しき姿」

 

ユウスゲの花・果実・葉のようす

ユウスゲの花のアップ写真

花は長さ10センチくらいのラッパ形で、6枚の花びらは先が軽く反り返る。斜上して咲きます。

雄しべは6個、雌しべは1個。
葯は黒紫色。

ユウスゲの花の写真

茎頂に集散花序をつけるほか、茎の途中からも分枝して次々と咲かせます。

ユウスゲ、開花直前の様子・蕾の写真

夕方、開花直前のユウスゲの花。
くるくると開いていくようです。

花が枯れたユウスゲの写真

枯れたユウスゲの花。

ユウスゲの果実の写真

果実は長さ2センチほどの蒴果で広楕円形、3室があり先はへこむ。

果実は熟すと上部から胞背裂開し、中の種子が露出してくる。
長さ6ミリほどの艶のある角ばった黒色卵形。

ユウスゲの葉の写真

葉は2列に根出して並び、上部がわずかに垂れます。
葉は単葉で、長さ40~60cm、幅0.5~1.5cmの線形。

葉は中央脈がへこんでいます。

ユウスゲの群生の写真

ユウスゲの群生(ゆうすげの里

 

ユウスゲに似た植物

ニッコウキスゲの写真

北海道から本州の中部地方にかけて分布する「ニッコウキスゲ(日光黄菅)」 別名、ゼンテイカ(禅庭花)。

「ユウスゲ」と「ニッコウキスゲ」は、よく似た花を咲かせます。

ニッコウキスゲは、朝方に開花すると夕方にはしぼんでしまう一日花です。ユウスゲよりも花色が濃く背丈が低い。群馬県の野反湖ではノゾリキスゲと呼ばれています。

他にも、北海道に分布する「エゾキスゲ(蝦夷黄菅)」、日本海の飛島や佐渡に生える「トビシマカンゾウ(飛島萱草)」など。

 

ユウスゲの育て方

美しいユウスゲの花の写真

ユウスゲは、自生する丈夫な植物で、庭植えの場合はほとんど手をかけなくても育ちます。耐寒性は強い。

根が良く張るので鉢植え栽培の場合は、大きな鉢が必要で定期的に植え替えや株分けを行います。

  • 場所
    日向~やや半日陰

  • 腐植性に富み排水のよいもの。
    (赤玉土(小)6、腐葉土3、牛ふん堆肥1などの割合)
  • 水やり
    土の表面が乾いたらたっぷり与えます。
  • 肥料
    月に1回、緩効性化成肥料を施します。
  • 増やし方
    株分け(3月~4月、または10月~11月、4~5芽をつけて分けます)
  • 病虫害
    花茎が伸びるころから、アブラムシの被害に会いやすくなります。

 

水辺に咲く黄色の花の写真

水辺に咲く黄色の花

2020-07-17
野原に咲いてるブタナの群生

背が高いタンポポみたいなブタナ タンポポモドキの花

2020-05-29