ソバ(蕎麦)の花・ソバ(蕎麦)の花に似た植物

吉野ヶ里のソバ畑の写真
Pocket

ソバ(蕎麦)の花は、素朴で可愛らしい小さな花。
秋のソバ(蕎麦)畑は、一面が真っ白となって美しく秋の風物詩のようです。

ピンクや赤の花を咲かせる種類の「アカソバ(赤蕎麦)」もあります。

同じ季節に、ソバ(蕎麦)の花に似てる雑草のような植物も小道や空き地でよく見かけたりします。

ソバ(蕎麦)の花 (白い花 赤い花)

白い花がたくさん咲いてるソバ畑の写真

なんとも言えない風情があるソバの花。小さな花がたくさんまとまって咲いてます。
秋になると、ソバ畑は小花で真っ白へ

ソバの花のアップ写真

タデ科・ソバ属の一年草。

茎先に総状花序を出し、花径6ミリほどの白小さな花をたくさんつけます。
花びらのように見えるのは萼片(がくへん)で、普通は5枚。
雄しべは8本、雌しべの花柱は1本で、先が3つに裂ける。

草丈は60~130cmほどで、葉は三角形ないし心形で、互い違いに生える(互生)。

種子は古くから穀物として利用されて、縄文時代には栽培されていたと言われます。

 

学名:Fagopyrum esculentum
科・属名:タデ科・ソバ属
別名:和蕎麦(ワソバ)、甘蕎麦(アマソバ)、ファゴフィーラム
原産地:中国南部
開花時期:4~5月/9~10月
花言葉:「幸福」「懐かしい想い出」「喜びも悲しみも」「あなたを救う」

 

赤い花を咲かせる「アカソバ(赤蕎麦)」

 

アカソバの花のアップ写真

赤い花を咲かせるソバ(蕎麦)。
満開の花は、濃いピンクでとても鮮やかで思わず見とれてしまいます。

タカネルビ(高嶺ルビー)と呼ばれる品種。
ネパール原産の「アカバナソバ」をもとに、日本で品種改良されたものだそうです。

別名を赤花蕎麦(アカハナソバ)や紅花蕎麦(ベニバナソバ)。

アカソバの群生の写真

葉は白いソバ(蕎麦)と変わりませんが、茎は赤い。

咲きはじめは淡い紅色で、気温が低くなるにつれて色が濃くなっていくようです。

淡いピンクもとても綺麗です。

学名:Fagopyrum esculentum
科・属名:タデ科・ソバ属
別名:赤花蕎麦(アカハナソバ)、紅花蕎麦(ベニバナソバ)
原産地:ヒマラヤ地方
開花時期:9~10月
花言葉:「あなたを救う」

 

ソバ(蕎麦)の花に似た花・ミゾソバ(溝蕎麦)

空き地に生えてたミゾソバ(溝蕎麦)の写真

ミゾソバ(溝蕎麦)」は、日本・中国・朝鮮半島を原産とするタデ科・イヌタデ属の一年草。
日当たりの良い湿地や田んぼやあぜ道に自生しています。
水のある場所を好む性質があり、溝に生えるソバに似た草の意味からの命名です。

他にも花の形から「コンペイトウグサ」などと呼ばれたり、
葉の形が牛の額に似ていることから、「牛の額」とも呼ばれています。

ミゾソバ(溝蕎麦)の花のアップ写真

枝先に球状の花序を出し、直径4~7mmの白色~淡紅色の小さな花をかたまってつけます。

花びらに見えるのは萼片(がくへん)で5枚。先端の紅色が濃くなります。
雄しべは8本、雌しべの花柱は1本で、先が3つに裂ける。

葉は、卵状で基部が左右に出るほこ形で互い違いにつく(互生)。
茎や葉には、ザラザラとした刺状の毛が生えてます。

コンペイトウのように見える可愛い花。

飢饉の際には「救荒植物」として利用されていたようです。

新芽や柔らかい葉を、塩を入れた熱湯で茹でて、水に浸してアク抜きをしてから、お浸し、胡麻和え、佃煮、油いためなどで食べられます。

 

学名:Persicaria thunbergii
科・属名:タデ科・イヌタデ属
原産地:日本、アジア北東部
花期:7~10月
花言葉:「純情」

 

ソバ(蕎麦)の花に似た花・シャクチリソバ(赤地利蕎麦)

水辺に生えていたシャクチリソバ(赤地利蕎麦)の群生の写真

シャクチリソバ(赤地利蕎麦)」はインド北部などを原産とするタデ科ソバ属の多年草。ソバに似た白い小花を咲かせます。

薬用植物として導入されたそうですが、現在では道端や草原などに野生化してます。
生薬名の赤地利(しゃくちり)の漢名を日本語読みにして、花が蕎麦(ソバ)に似ることからの命名。

インドやチベット高地原産のソバで、「ヒマラヤソバ」、

ソバが一年草であるのに対し、本種は多年草であることから「宿根ソバ」と呼ばれることもあります。

シャクチリソバ(赤地利蕎麦)のアップ写真

茎の頂部に小さな花を多数咲かせます。
花は直径4〜6mm。
花びらのように見えるのは5深裂した萼片(がくへん)。
雄しべ8の葯は赤。

葉は、丸みをおびた三角形で、長い柄があって互い違いに生える(互生)。

多年草で、種だけでなく地下茎でも芽を出します。

若葉は食べることができ、塊根は生薬として使われます。
明治時代には「野菜ソバ」の名称で宣伝されたこともあったそうです。

 

科属:タデ科ソバ属
園芸分類:多年草(帰化植物)
学名:Fagopyrum cymosum
科・属名:タデ科・ソバ属
別名:シュッコンソバ(宿根蕎麦)、ヒマラヤソバ
原産地:インド北部ヒマラヤ地方~中国中南部
花期:9~11月
花言葉:「懐かしい想い出」「あなたを救う」

 

ソバ(蕎麦)の花に似た花・ツルソバ(蔓蕎麦)

海岸近くに生えていたツルソバ(蔓蕎麦)の写真

ツルソバ(蔓蕎麦)」は、東アジア原産のタデ科イヌタデ属の蔓性多年性の野草。
暖かい海岸近くの林や草地に自生してます。

ソバに似た白い小花を、晩春~初冬の長期間咲かせます。

ツル(蔓性)植物であること、果実がソバの果実に似ていることからの命名。

ツルソバ(蔓蕎麦)の花のアップ写真

茎頂や葉腋に花序を作り、芳香がある白色の花をまとめて咲かせます

花は直径3〜5mm。
花びらのように見えるのは5深裂した萼片(がくへん)
雄しべは8本、雌しべ1本。

葉は先が尖った卵形〜楕円形で互い違いに生える(互生)。

学名:Persicaria chinensis
科・属名:タデ科・イヌタデ(サナエタデ)属
原産国:日本、東アジア
花期:花期は5~11月
花言葉:「いつもそこに」

 

ソバ(蕎麦)の花に似た花・ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)

花壇に植えてるヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)の花

ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)」は、ヒマラヤ地方の原産のタデ科イヌタデ属(ペルシカリア属)のつる性多年草。
ヒマラヤからロックガーデン用に日本に導入されたようです。

繁殖力が強く、今では草地や石垣などあちこちで野生化しています。

コンペイトウのような花。
花は白っぽい物~ピンク色で小さいものが球状に集まった形をしています。

海辺に生えるツルソバ(蔓蕎麦)に似ていて、そして花が小さいことから名付けられました。

ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)のアップ写真

茎の先端に、淡紅紫色の花被片の小花が直径1cmほどに球状に固まった花序。

花びらに見えるのは長さ2mmほどの萼片(がくへん)です。
雄しべは6~8本、花糸は白、葯は赤茶色で、雌しべは1本で柱頭は3裂。

葉は先端の尖った卵形、葉身には紫色の山形の斑が入り、秋になると赤く紅葉します。

地面に這いつくばりながら長期間に渡って開花し続けます。
園芸店でも売られてる可愛い花ですが、庭などに植えるとあちこち増えてやや困りものです。

 

学名:Polygonum capitatum(Persicaria capitata)
科・属名:タデ科・イヌタデ属(ペルシカリア属)
別名:ポリゴナム、カピタツム、カンイタドリ(寒虎杖)
原産国:ヒマラヤ
花期:4月~11月
花言葉:愛らしい」「気が利く」「思いがけない出会い」