キンメイモウソウチク(金明孟宗竹) 黄色の幹と緑のすじが美しい

キンメイモウソウ(金明孟宗)の写真
Pocket

珍しい黄色の竹のキンメイモウソウチク(金明孟宗竹)。
竹林には爽やかな風が吹いていました。

近寄ってみてみると、淡緑色の縦縞が節ごとに交互にあって、見とれてしまう美しい竹です。

猛宗金明竹(モウソウキンメイチク)とも呼ばれています。

キンメイモウソウチク(金明孟宗竹)ってどんな竹?

猛宗金明竹(モウソウキンメイチク)林の写真

金色にも見える稈(かん)が特徴。モウソウチク(猛宗竹)の一種。

 

キンメイモウソウチク(金明孟宗竹)の特徴

キンメイモウソウチク(金明孟宗竹)は、モウソウチクの突然変異種といわれ、大型サイスの竹です。

稈(かん)が黄金色で、芽溝部に淡緑色の縦縞が節ごとに交互に出現しています。

黄色の部分は、稈表面の葉緑素が何らかの原因で抜け、素材そのものの色が透けて見える様になったそうです。

学名:Phyllostachys pubescens f. bicolor
科・属名:イネ科マダケ属
背丈:8~20メートル

竹のイラスト

竹は、イネ科・タケ亜科に分類される植物で、樹木のように見えますが、植物学上は常緑性の多年草です。

種類も非常に多く、世界で1,000種類以上、日本には約600種類の竹が分布しているとも言われ、モウソウチク(孟宗竹)とマダケ(真竹)が全体の八割を占めています。

モウソウ竹(孟宗竹)は、日本では最も大きくなる種類。

 

 

キンメイモウソウチク(金明孟宗竹)の様子

キンメイモウソウチク(金明孟宗竹)林の様子の写真

黄色の竹の竹林は爽やかな雰囲気でした。

キンメイモウソウチク(金明孟宗竹)の稈と葉の写真

葉の色も明るめに感じました。

キンメイモウソウタケの黄金色の稈の写真

黄金色の稈(かん)。
そして、淡緑色の縦縞が節ごとに交互に現れていてオシャレな雰囲気を醸し出しています。

 

キンメイモウソウタケの稈、近くで見た様子の写真

絵具で塗ったような緑の縦縞。

キンメイモウソウタケの稈、アップ写真

 

春一番に芽を出すモウソウチクのタケノコは、ほのかに甘い独特の旨味があり、「春の味覚の王者」と言われているそうです。

キンメイモウソウチクのタケノコも見てみたい(食べて見たい)ものです。

 

キンメイモウソウチク(金明孟宗竹)が見れる場所(見どころ)

 

若い美しいヤエヤマヤシの写真

とっても綺麗~ヤエヤマヤシってどんなヤシ?

2019-09-06