100均で買った サボテン3種と ホヤ(ラブハート)が可愛い!

百均で買った、ラブハートとサボテン3種の写真
Pocket

100均(キャンドゥ)で見つけたサボテンとラブハートが、とても可愛くてお気に入り。
100円でこんなステキな植物に出会えるってホント嬉しいものです。

サボテンは、独特な形が魅力的。
トゲトゲがいっぱいだけど、育てやすいし可愛い花が咲いたりと成長も楽しみです。

ラブハートは、ハート型の多肉質の葉がかわいらしいけど上手に育つかな?
本来はつる性の植物みたいですね。

そんなこんなで、我が家の植物達の仲間入りをしました。特徴や育て方も書いています。

100均で買った サボテン3種と ホヤ(ラブハート)の特徴や育て方

成長したサボテン「マーブル」の写真

昨年買った小さなサボテンでしたが、夏になるとぐ~んと成長してくれましたようです。
「マーブル」ウチワサボテンの仲間だと思います。

サボテン「マーブル」の黄色い花が咲いた写真

黄色の花もついています。ちょっと感動します。

サボテンの簡単な育て方

サボテンはなるべく明るい場所、光がたくさんあたる風通しの良い場所が大好きです。
(真夏の直射日光や冬の気温には気を付けましょう。霜にあたると枯れてしまったり)

基本的な水のやり方は、「土が乾いたらたっぷりと

肥料は、必ずしも必要ではないそうですが大きく生長させたいときは肥料を与えると良いそうですよ。
私はたまに薄めた液肥を与えています。

調子が悪くなったら植え替えるのも良さそうです。
湿度は苦手のようで、梅雨時期の長雨で腐らせてしまったことがありました。

 

100均(キャンドゥ)で買ったサボテン3種とラブハート

キャンドゥで購入した植物、ヒメサン,ゴ ギンデマリ, コガネツカサ ,ラブハートの写真
  • ヒメサンゴ
  • ギンデマリ
  • コガネツカサ
  • ラブハート
手のひらに乗せたコガネツカサの写真

手に乗せるとこの位の大きさです。

 

ヒメサンゴ

購入したヒメサンゴの写真

ヒメサンゴ(姫珊瑚
ウチワサボテンの一種

サボテン科 ウチワサボテン亜科 オプンティア属

斑入りが独特でオシャレな感じです。

ウチワサボテンは、南米や北米、タイ、イスラエルなどを原産とするサボテンで、世界に約300種が存在するそうです。
サボテンの中でも丈夫で育てやすいと言われています。繁殖力が強いため挿し木で増やせるとのこと。

つぼみがついてるヒメサンゴのアップ写真

小さな蕾がついています。

 

ギンデマリ

購入したギンデマリの写真

ギンデマリ(銀手毬)』

サボテン科マミラリア属
原産地:メキシコ東部

小さなサボテンが群生してるミニチュアのサボテンの世界みたいでかなり可愛い!
トゲは、刺座から放射状に広がってるので手に刺さることなく扱えます。

上手く育てば、春に白い花弁にほんのりピンク色のラインの入った花を咲かせるそうですよ。

外れた子株をそのまま土に挿しておけば発根するそうです。

ギンデマリのアップ写真。トゲの様子が美しい

アップにするこんな感じで、独特の世界観がありますよね。
大きな群生株になると、白いトゲがまるでサンゴ礁のようにきれいだそうです。

 

コガネツカサ

購入したコガネツカサの写真

コガネツカサ(黄金司)』
別名:エロンガータ・金手毬

サボテン科マミラリア属
原産地:メキシコ中部

ニョキニョキと指のような形で真っ直ぐたっています。
ちょっと固めの金色のトゲで覆われていますよ。
(コガネツカサは、トゲの色の異なる品種が沢山あるそうです)

淡い黄白色の花を咲かせます。

子吹きして増え、丈夫で育てやすいサボテン。

コガネツカサのアップ写真、金色のトゲがきれい。

近くで見るとこんな世界。
トゲが花のようで綺麗です。

 

ラブハート(ホヤ)

購入したラブハート(ホヤ)の写真

ラブハートホヤ・カーリー)』
別名:サクララン ワックスプラント

キョウチクトウ科(ガガイモ科)サクララン属(ホヤ属)
原産地:熱帯アジア、オーストラリア、太平洋諸島

葉が多肉でハートの形。やっぱり可愛い!

でも、ラブハートはホヤといわれるつる性植物で、原産地では樹木の幹や岩に張り付き育つ着生植物。
このような状態(葉が1枚)で購入した場合、葉からは根が出るそうですが、このままずっと育っていくのは難しそうです。

本来は、乾燥に強い植物で、気温だけ注意すれば初心者の方でも育てやすい植物みたい。
サクラに似たお花を咲かすので、サクラランとも呼ばれます。

ラブハート(ホヤ)を横から写した写真

横から見たようす。
平べったくて何とも言えない・・・💛

ホントに植物なの~?って言いたくなりますよね。

育て方は、

  • 【置き場所】
    日の当たる明るい場所。
    (直射日光が当たると葉焼けする可能性があるので注意が必要)

冬は、5度以下に気温が下がらないような場所へ。

  • 【水やり】
    水は控えめが良い植物。
    土の表面が乾いたらたっぷりの水を与えます。
    冬は土が完全に乾いてから、水を与えてください。