イヌマキ(犬槇)の実は、とても珍しい形

伊王島で見た熟したイヌマキの実の写真
Pocket

イヌマキの木は、庭木や公園などでもよく植えられていて、生垣などにも使われる常緑針葉樹。普段はさほど目に留まるほどのことはないような、普通の木だったりします。

でも、実を見つけてしまうとちょっとびっくり。
「え?」 なんて・・・その独特な面白い形に足を止めてしまいそう。

夏の終わりから秋にかけて、ツートンカラーのちょっと変わった不思議な形の実を実らせています。

イヌマキの木ってどんな木?

イヌマキの木の写真

イヌマキの木は、本州の関東より西~沖縄にかけて比較的暖かい地域に分布する常緑の針葉樹。

イヌマキの木の特徴

科名/属名:マキ科・マキ属
学名:Podocarpus macrophyllus
原産地:日本

古くから垣根や庭木、和風庭園などで利用されています。防風林などにも利用され、海辺でも見かけたりします。

 

特徴

  • 大気汚染や潮風に強く、丈夫で育てやすい。
  • 刈り込みに強く、好みの樹形に仕立やすい。
  • 水への耐性があり、害虫にも負けないことから、優秀な木材としても用いられる。

 

イヌマキは、雌雄異株(しゆういしゅ)で、雄株と雌株があります。
実をつけるのは、雌株です。

開花期は5月~6月で、雄花は太短いひも状でまとまって付きます。雌花はふくらんだ花床の先端に付きます。九州では、9月頃から実をつけます。

名前の由来は、マキによく似てるが、マキより劣るということでイヌ(似てるが違う意味)とつけられたそうです。

花言葉:「色あせぬ恋」「慈愛」

 

イヌマキの実ってどんなもの?

イヌマキの木に実が実ってる写真

5月~6月に花を咲かせ、9月~10月頃に実をつけます。
(写真は、9月に撮影したもの)

イヌマキの実のようす

イヌマキの木の実の写真

イヌマキの実は、あまり見かけないユニークな形をしています。

赤い部分は、花床(かしょう)で、白い粉をふいてる緑色の部分が種子

花床は、花弁、雄しべ、雌しべ、萼(がく)などをつける部分で、花托とも呼ばれます。
リンゴやイチゴなども、花床が膨れるように発達したものなんだそうですよ。

 

ニンギョノキともよばれている

手のひらに乗せてみた、二つのイヌマキの実の写真

手のひらに乗せてみると、この位の大きさです。

なんとも不思議な形。とてもユニークです。
頭が黒くて、赤い服? お人形さんのようにも見えてきた~♪
串にさしてる団子みたいと言う人もいますよ。 じっと見てると、なんだか芸術品みたいにも見えてきた。

そうそう、長崎県や大分県では、「ニンギョノキ」という地方名があるそうです。
他にも、山口県では、「ニンギョー」、静岡県では、「ネンネンゴ」。

 

イヌマキの実は食べれる?

イヌマキの実のアップ写真

イヌマキの実は、赤い部分は、ヌルっとしている食感ですが甘くて食べれるそうです。

小さい頃に「食べてたー」なんて話しも聞きます。
でも緑の種子は有毒なので注意が必要です。

サクランボみたいな食感で、ブドウに似てる味がすると書いてるブログも見つけました。
https://ideman.sagafan.jp/e630273.html

赤い実の方が枝よりにあるので、鳥がこれを食べると、その先の緑の種が散布されるそうです。

 

イヌマキ、若い実のようす

若いイヌマキの実、熟す前の写真

若い実は、緑で種と同じ色をしています。
大きさも、種よりも花床の部分が小さい。

 

オレンジ、赤、紫色の実の実らせてる様子のイヌマキの木の写真

海の側に植えられていたイヌマキの実です。
数本植えてあったので、防風林にしている木なのかな~

散策している時に見かけましたよ。

生垣など、きれいに剪定している木では、あまり見かけないとも聞きます。