小さい朝顔~ホシアサガオとマメアサガオ

秋の公園に咲いてた小さな朝顔の写真
Pocket

秋の朝に散歩をしていると、雑草に混ざって小指ほどのとても小さな朝顔みたいな花が咲いていました。

葉を見ると朝顔みたいだけど・・・「こんな小さな朝顔もあるの?」

調べてみると、ホシアサガオとマメアサガオのよう。
色が違うけど、どちらもミニチュアの朝顔みたいでとても可愛いです。

秋に見かけた小さな朝顔、ホシアサガオとマメアサガオ

10月のはじめの空き地、雑草やホシアサガオ、アサガオなどの花が咲いてる様子の写真

10月のはじめ、空き地は、雑草に混じっていろんな花が咲いていました。
それに混じってピンクや白の小さなアサガオが・・・・

それに、アサガオって「夏の花じゃないの?」と思っていたんですが、朝顔の開花時期は全体的に見て7月~11月頃だそうです。特に西洋朝顔などは、見頃が10月のも多いそうです。

 

ホシアサガオ(星朝顔)

空き地に咲いてたホシアサガオの様子の写真

ホシアサガオ」は、関東地方以南の道端や草地に生育。
熱帯アメリカ原産の帰化植物で第二次世界大戦後に日本へやってきたようです。

帰化植物とは、外国から伝来し、野生状態になった植物のこと。
シロツメクサやセイタカアワダチソウなどが有名ですよね。

学名:Ipomoea triloba
科名/属名:ヒルガオ科 サツマイモ属
形態:一年草
英名:littlebell,three-lobed morning glory

花言葉:「絆」「優しい愛情」「くつろぎ」

空き地に咲いてたホシアサガオ、花や葉の写真

とても小さな朝顔で、なんとも可愛い!
花の大きさは、直径15㎜程度で、1花茎に1~5個の花がついています。

空き地に咲いてたホシアサガオのアップ写真

花は、紫ぽいピンクで、中心部が濃色になっています。
漏斗状(ロウトジャウ)で、花びらの先が小さく鋭くなっています。
雄しべは、白。

 

空き地に咲いてたホシアサガオ、咲いてる様子と咲き始めの写真

 

マメアサガオ(豆朝顔)

雑草に混じって空き地に咲いていたマメアサガオの写真

マメアサガオ」は、関東地方以南の道端や草地、河原などに生育。
北アメリカ原産の帰化植物で、1955年に東京近郊での帰化が報告されたそうです。

学名:Ipomoea lacunosa
科名/属名:ヒルガオ科 サツマイモ属
別名:ヒラミホシアサガオ
形態:一年草
英名:whitestar, pitted morning-glory

花言葉:「見つけたら幸せ」「固い絆」

空き地に咲いてた白いマメアサガオの花と葉の写真

こちらもとても小さい朝顔。

大きさは、直径15㎜程度でホシアサガオと同じ位で、花の形も似ています。
真っ白の花びらの中は、紫色の雄しべがあります。

マメアサガオの別品種には、ベニバナマメアサガオ(紅花豆朝顔)があります。
ベニバナマメアサガオは淡紅色で、中心部が濃紅色にならない。

 

アサガオ(朝顔)

空き地に咲いてた青紫のアサガオの写真

空き地には、普段よく見かけるような「アサガオ」も少しだけ咲いていました。
「ホシアサガオ」と「マメアサガオ」と比べると随分大きく感じてしまいました。

一般的なアサガオの花径:花径:100~200mm
ホシアサガオとマメアサガオの花径:15mm程度

 

アサガオの原産地は、熱帯アジア。もしくはアメリカ大陸という説ともあります。
日本へは、奈良時代に薬草とし中国から渡来したのが始まりで、鑑賞用になったのは江戸時代だそうです。

学名:Ipomoea nil
科名/属名:ヒルガオ科 サツマイモ属
別名:ヒラミホシアサガオ
形態:一年草
英名:Morning glory

花言葉:「見つけたら幸せ」「固い絆」