アサザ(浅沙)の花ってどんな感じ? 特徴や育て方

きれいなアサザの花と葉の上にいるカエルの写真
Pocket

7月のはじめ、ハス園に行ったら綺麗なアサザの花を見かけました。
気持ち良さそうに、水面に浮かんでる多数の小さな黄色い花。

近くで見ると、花びらが裂いた布のようになっていてなんとも愛らしいです。
小さく繊細で華やかな花に、しばし見とれてしまいました。

アサザは、朝に咲き、午後には閉じる半日花、見に行くときは午前中がおススメです。

アサザの花や葉、特徴・育て方

アサザは全国の湖沼、池などの浅いところに群生する多年草。
今では、水質汚濁などの影響で数が減ってしまい、環境省のレッドリストで準絶滅危惧種に指定されてます。

アサザの特徴

水の中の土に根を張り、水面に葉を浮かべる「浮葉植物(ふようしょくぶつ)」
水面につるを伸ばし這うように横へ広げます。

初夏になると、スイレンに似た丸い浮葉の上に茎を伸ばし、直径3センチほどの黄色い花を咲かせます。(ちょっとキュウリの花にも似ています。)

ミツガシワ科/アサザ属

学名:Nymphoides peltata

別名:花蓴菜(ハナジュンサイ)

開花期:5~9月

アサザは感じで書くと「浅沙

名前の由来は、

浅い水辺に咲く、浅く咲く⇒アサザ
朝早く咲くから⇒アサザ

などの説があります。

アサザの花言葉は、「しとやかな」「信頼」「平静」

 

アサザの花

花びらのふちが、細かくぎざぎざになっています。
ちりめん状、布を手でちぎって糸がほつれたような様子。

3~5cmの黄色の5花弁

葉の脇から花柄(かへい)を出して花を咲かせます。

アサザの葉

葉は、スイレンに似た切れ込みのある小形で、長楕円形~円形。
葉のふちは、浅い波状鋸歯(きょしじょうは)。

大きさは、5~6cmぐらで、濃緑色で光沢があります。

 

アサザの育て方

アサザは、水の中の土に根をおろし、ランナー(ツル)を伸ばし、その先に葉柄(ようへい)を伸ばし花芽をつけます。

冬は葉がなくなってしまいますが、根が生きて冬を越すので、暖かくなるとまた花茎をのばし花を咲かせます。

  • 日当たり

日当たりが悪いと花が咲きにくい。
日向から半日陰で、半日以上陽があたるところ。(冬季休眠中は弱光でも良い)

  • 水の管理

地植えの場合は常時水を切らさないようにし、葉が深く沈み過ぎないよう植え込む位置を調節します。

鉢植えで育てる場合は、鉢ごと水につけ、葉が水面に浮くように水位を調節します。
※冬も水に沈めておきます。

※ 植え込む場合は、水生植物用土や田土が最適ですが、たいていの土でも大丈夫とのこと。

  • 増やし方

株分けで増やすことができます。
また、伸びた茎から根が出ているので、2~3株に分けて植え付けます。

 

※ アサザは、繁殖力が強いので、株が込みいってきたら株分けをします。

アサザは育てやすい植物なので、メダカ水槽や、ビオトープにも良さそうですね。