ピンクのカタバミ ハナカタバミとイモカタバミ、ムラサキカタバミ

イモカタバミとハナカタバミの花の写真
Pocket

夏の終わりから秋にかけて勢いよく咲きだす「ハナカタバミ」は、ピンク色の大き目な花を咲かせるカタバミで、群生していると見応えがあります。

春から夏にかけてよく見かける「イモカタバミ」や「ムラサキカタバミ」もピンクの花を咲かせる可愛いカタバミ。

どれも野生化していて、道端や空き地でよく見かけます。

同時に見かけることもありますが、ハナカタバミの花はイモカタバミやムラサキカタバミに比べるとかなり大きいので、簡単に区別が出来ます。

ピンクのカタバミ 「ハナカタバミ」「イモカタバミ」「ムラサキカタバミ」の特徴や様子、違い

秋に見かけた「ハナカタバミ(花片喰)」と「イモカタバミ(芋片喰)」。
花はよく似ていますが、大きさは随分ちがいます。

ハナカタバミの花径:3cm~5cm程。
イモカタバミの花径:1・5cm~2cm程。

ムラサキカタバミ(紫片喰)」は、イモカタバミと大きさも同じ位でよく似ていますが、雄しべの葯(やく)が黄色ではなく白い。

 

カタバミの特徴

カタバミは、温帯から熱地方に広く分布しているカタバミ科 カタバミ属の多年草。

花びらは5弁でシンプルな可愛い花を咲かせます。
葉は3枚が一組になっている可愛いハート型で、クローバーに似ています。
繁殖力が旺盛な植物です。

カタバミは、日当たりがよい場所を好み、曇っていたり日陰になったりすると花を閉じます。

葉も夜になると葉を内側にたたむ睡眠運動をします。これが片(傍)側を食べられたように見え、「片喰、傍食(かたばみ)」という名がついたようです。

園芸用に栽培されてるものは、「オキザリス」と呼ばれています。

 

ハナカタバミ(花片喰、花酢漿草)

「ハナカタバミ」は、南アフリカ原産で、カタバミ科・カタバミ属の多年草。
空き地や道端、庭などでみられます。鮮やかなピンクが目をひきます。
草丈は、10cm~40cm程。

江戸時代の末以降で鑑賞用に渡来し、関東地方以西の暖地で野生化しています。

花期は夏〜秋。

学名の「オキザリス・ボーウィー」の名でも流通しています。

花径が3センチ~5センチと大きい。
葉柄や花茎に微毛が密生しています。
花の色は濃いピンクで、花弁に紅紫色の濃い筋が入ります。
中心部が黄色です。

雄しべは10本、葯は黄色。
雌しべ1本。

葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)。
小葉は、4~5センチの倒心臓形で先端がへこみ、ハート形。

夕方のようす。

一般的にカタバミは、日が当たると開き、暗くなると花を閉じます。
曇りや雨の日も花を閉じます。

夜になると葉も閉じてしまいます。

 

学名:Oxalis bowiei
科・属名:カタバミ科・カタバミ属
別名:オキザリス・ボーウィー
原産地:南アメリカ
花期:夏~秋

 

イモカタバミ(芋片喰、芋酢漿草)

「イモカタバミ」は、南アフリカ原産で、カタバミ科・カタバミ属の多年草。
空き地や道端、庭などに見られます。暑い夏は半休眠状態し、春と秋に咲いてる姿をよく見かけます。
草丈は、10~30cm程。

戦後に渡来し、西日本を中心に野生化しています。

別名を「フシネハナカタバミ(節根花カタバミ)」ともいいます。
芋のような球状の塊茎で増えていきます。

花が白い園芸品種は、「シロバナイモカタバミ」。

花径が1・5センチ~2センチ。
花の色は濃いピンクで、花弁に紅紫色の濃い筋が入ります。
花の真ん中も濃い紅色。 雄しべの葯の色は黄色い。

雄しべは10本、葯は黄色。
雌しべ1本。

葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)。
小葉は、長さ4センチ程の倒心臓形で先端がへこみ、ハート形。

※「ハナカタバミ」に比べると花は小さいけど、葉の大きさはあまり変わりません。

イモカタバミによく似てる品種に「ムラサキカタバミ」があります。
「ムラサキカタバミ」は葯(やく)が白色なので、見分けがつきます。

 

学名:Oxalis articulata
科・属名:カタバミ科・カタバミ属
別名:フシネハナカタバミ(節根花片喰)
原産地:南アメリカ
花期:春から秋

 

ムラサキカタバミ(紫片喰、紫酢漿草)

「ムラサキカタバミ」は、南アメリカ原産で、カタバミ科・カタバミ属の多年草。
道端や庭先、空き地などで野生化しています。雄しべの葯の色は白色で、花色も薄い印象。
草丈は、10cm~30cm程。

南アメリカ原産の多年草で、江戸時代末期に観賞用に持ち込まれたものが、関東以西を中心に野生化しています。

別名は、「キキョウカタバミ(桔梗片喰)」。

ムラサキカタバミ

花は淡桃色で、花径が1・5センチ~2センチ。
花の色は紫がかった薄いピンクで、花弁に薄紫色の筋が入ります。
花筒の内側はほんのり白くなり、真ん中は明るいグリーン。

雄しべは10本、葯は白色。
雌しべ1本。

葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)。
小葉は、長さ4センチ程の倒心臓形で先端がへこみ、ハート形。

ムラサキカタバミは日本などの温帯地域では結実せず、鱗茎(球根)の分球によって繁殖します。

 

学名:Oxalis corymbosa
科・属名:カタバミ科・カタバミ属
別名:キキョウカタバミ(桔梗片喰)
原産地:南アメリカ
花期:春から秋

 

濃いピンクの花を咲かせるカタバミ

春から夏にかけて咲くピンクが濃いカタバミに、「ベニカタバミ(紅片喰、紅酢漿草)」があります。
花の中芯の色が濃いのが特徴で、葉は小さめで光沢があります。花柄や萼はしばしば紅紫色。
雄しべの葯は黄色です。

別名「ブラジルカタバミ」
「 オキザリス・ブラジルエンシス」という名でも流通しています。

学名:Oxalis brasiliensis
科・属名:カタバミ科・カタバミ属
別名:ブラジルカタバミ、オキザリス・ブラジルエンシス
原産地:南アメリカ
花期:春から夏