海辺に咲く紫色の野菊 ダルマギク (達磨菊)

ダルマギク (達磨菊)の花の写真
Pocket

ダルマギク (達磨菊)は、海岸沿いに自生している野生の植物。
ムラサキ色の野菊のようで、海岸の厳しい岩場にへばりつくように咲いている姿を見かけます。

花はシオンの花や薄紫のマーガレットにも少し似ています。
葉に特徴があって、海浜植物らしく多肉の厚手で毛が密生しています。

海岸でみた自生するダルマギク (達磨菊)の特徴やようす

海岸で見かけたダルマギクの写真

本州西部と九州北部の海岸近くや朝鮮半島南岸に分布するキク科シオン属の宿根草。

ダルマギク (達磨菊)の特徴

海岸の岩場でみられる多年草で、高さは20~30cm程。茎の基部はやや木質化し、株は低く横に広がって増えます。

開花時期は、10~11月頃。
地面を這うように茎を伸ばして3~4センチ程度の青みがかった薄紫色の花を咲かせます。

名前の由来は、丸い葉をダルマに見立てたのだという説があります。

 

学名:Aster spathulifolius
科・属名:キク科・シオン属(アスター属)
原産国:日本~朝鮮半島
花期:9~11月
花言葉「打たれ強い」

 

ダルマギク (達磨菊)のようす

美しいダルマギクの花の写真

淡い紫色がとても綺麗で目をひきます。

枝先に径約3.5cm程の頭花を1個上向きに咲かせます。
キク科の花特有の頭状花で、薄紫の舌状花と黄色の管状花。

斜面にへばりついてるダルマギクの写真

斜面にへばりついているように広がっています。

ダルマギクの葉の写真
葉はヘラ形で厚さがあり互生。長さ3~9cm、幅1.5~5.5cmほど。
鈍い鋸歯があります。
茎の上部に行くほど小さくなります。
根生葉はロゼット状。
葉の両面にはビロードのような毛が密に生えており、寒さや乾燥に強く出来てるようです。
地に広がって咲いてるダルマギクの様子の写真

横に広がって増え広がるようです。

岩場に咲いてるダルマギクの様子の写真

野趣あふれる植物。

海岸の厳しい岩場で咲いてるダルマギクの写真

海岸の厳しい岩場でも元気に咲いていました。

 

ダルマギク (達磨菊)に似てるハマベノギク(浜辺野菊)

ハマベノギク(浜辺野菊)の写真

「ハマベノギク(浜辺野菊)」は、海岸に生える野菊の仲間。

花はダルマギク (達磨菊)に似ていますが、葉はへら型で様子が随分違います。
地面を這うように茎を伸ばして、径3~4㎝程の薄紫色の花を咲かせます。

ハマベノギクのアップ写真

同じ時期、海の断崖には「ダルマギク」、海辺の草むらには「ハマベノギク」が咲いていました。

ハマベノギクは、本州の富山県から九州にかけて日本海側に分布し、海岸の砂地や岩場に生える植物。
山路野菊(ヤマジノギク)の近縁種だそうです。

学名:Aster arenarius
科・属名:キク科 ・シオン属
別名:スナジノギク
原産国:日本
花期:7~11月

 

※ 他にも海岸で見かける野菊のような花に、沖縄地方の沿岸地方に自生する「イソノギク(磯野菊)」があります。

花色は白からわずかに青紫色で、葉は厚く狭いさじ形。
高さ10~30㎝の多年草。