切り絵教室体験記~はじめての作品はとても嬉しい!

月と花の切り絵の一部の写真
Pocket

「切り絵教室」がとても楽しかったので、

切り絵の作り方や教室のことを書いてみたいと思います。
作品の紹介も・・・

切り絵教室は、公民館の秋季講座で期間限定でした。
(6回ほど行きました。)

はじめての切り絵でしたがとても良かったです。切り絵って素敵だなぁ~奥も深い!

切り絵とは

切り絵は、1枚の紙からカッターやハサミだけで、美しい図案を作るのが特徴です。

子供の頃、色紙や折り紙をハサミで切り、花や動物を作った経験がある人もいませんか。
絵を書くのとはまた違った味わいのある作品ですよね。

切り絵(きりえ)は、白黒に染め分けた下絵を黒い紙に固定し、不要な部分を切り抜いて絵を作り上げていく絵画の手法のひとつ。一般的な認知度の高い手法ではないが、白と黒のコントラストの妙や、刃物の切り口による独特の造形が味わい深く、愛好家が多い。
(Wikipedia引用)

切り絵教室

切り絵教室ってあんまりないですよね。
公民館講座で募集がありましたので応募してみました。
切り絵は以前からちょっとやってみたかったのです。

20人程の教室でした。
経験者も数名・・・
男女の比率は女性が7割くらいでした。
年齢も様々で、30代~70代の方が集まりました。

初心者向けの講座でもあったので、はじめから丁寧に教えて頂けました。
和気あいあいの楽しい時間でした。

切り絵に必要なもの

  • カッター
    (刃先が尖ったもの。出来ればデザイン用のカッターが良い)
  • マット
    (作業するときに机にカッターのキズを付けないために敷くマットです。)
  • 紙・和紙
    (色を表現する時は和紙が合います。)
  • スプレーのり
    (最後の仕上げで、切り絵を台紙に貼る作業で使用します。)

(教室で用意されてる物を使いました。)

切り絵の作り方

切り絵はとてもシンプルで楽しいです。
作業は簡単ですが、ちょっと根気が必要ですよ~。

切り絵教室が終わってしまったので、
お家で「桜の切り絵」を作ってみようと思いました。

まずは、図案と黒紙を用意します。
(図案と黒紙は端をホッチキスやテープで止めてずれない様にしておきます。)

図案絵を切り抜いてる写真

図案と黒紙ををカッターで切り取っていく作業です。
黒い部分を残してカットしていきます。

図案を切り抜いてる裏の写真

裏はこんな感じです。

切り抜くときは力を入れるのではなくカッターを垂直にすると良いそうですよ。
余計な力を入れたり、刃の角度が横斜めに傾いてると綺麗に切ることが出来ません。
細かい所はちょっと難しいですよね~

最後は図案を外して、黒紙だけになります。
そこに、色を入れたい場合は裏側から和紙を糊で貼っていきます。
完成したらスプレー糊を使って台紙に貼ります。

切り絵の作品

最初、教室では簡単な図案を先生が渡してくれて練習をしました。
次は、オリジナルで好きな作品を仕上げていきます。
自分で書いた絵を切り絵にされていく人もいます。
私も教室でいくつかの作品が仕上がりました。

つわの花の切り絵

つわの花の切り絵の写真

 

つわの花が咲き始めた頃だったので、つわの切り絵を作ってみました。
つたない所はたくさんあるのですが、出来上がった時はとても嬉しかったです。

細い線を切り抜くのがなかなか大変でしたので、細い線が少ない作品にしましたよ。

もみじの切り絵

額に入れた切り絵の写真

もみじの切り絵も作りました。
額に入れて飾っていますよ~。
額に入れるだけで雰囲気がかわりました。

和紙の色をいろいろ使えて楽しかったです。

ちょっと嬉しい~♪

切り絵の感想

切り絵教室とても楽しかったです。集中するので雑念がなくなりますよ(笑)
まだまだ初心者で簡単な物しか出来ないのですが・・・
出来上がった喜びは格別です(^o^)
切り絵の作品ってなんとも味わい深いですよね。
ちょっと版画にも似ていますよね。

いつか大作も作ってみたいものです。

切り絵教室、とっても上手な人も居てびっくりびっくり☆彡
思い出の写真から図案をおこして切り絵にされてる方もいました。
とってもステキでしたよ。

切り絵に興味があってキットではじめてみたい方にはこちらも良いと思います。【匠テラス】切り絵スターターキットは必要なものが全部そろっています。