アマリリスがきれいで感激!~地植えの育て方、球根購入から満開まで

アマリリスの満開の写真
Pocket

3月に球根を買ってきて、地植えにしたアマリリス、

5月には素晴らしい大輪の花を咲かせてくれました。

大感激です。

アマリリス、ずっと欲しかったんです~🌸

アマリリスの地植えでの育て方と、
3月~5月までのアマリリスの成長記録を綴っています。

アマリリスってどんな花?

アマリリスのアップの写真

アマリリス、この時期になると良く見かけませんか。
圧倒的な存在感が目をひきます。

そして、アマリリスと聞いたら思い出すのが、

「ラリラリラリラ~調べはアマリリス♪ 」」小さい頃に口ずさんでいた歌、
今でも時々口ずさんだり、思い出したり、
小学校の音楽の授業で聞いたのがはじまりでしょうか・・・

この歌はフランス民謡となってもいますが、
もともとの歌詞はアマリリス』という名の女性への愛の歌だったらしいですよ。

あざやかな大きな花を咲かせるアマリリス、姿形が美しい魅力的な花ですよね。

ヒッペアストラム属ヒガンバナ科の花です。ヒガンバナみたいに花だけ先に咲きます。
非耐寒性球根、
原産地は熱帯アメリカで、約80種の原種があるそうです。
日本への渡来は江戸時代の末期だそうですよ。

花もちもよく、初心者にも育てやすい🌸です。

アマリリスの球根を購入しました。

赤に白のアマリリスの球根の写真

いつか育ててみたいと思っていたアマリリス、

よく行くお花屋さんへ出かけると、アマリリスの球根がありました。
3月のことです。

大きな球根ですよね。

お値段もちょっと高め、上手に育てれなかったらどうしよう~
欲しかったけど、なかなか買わなかったのですが、(昨年、一昨年のこと(笑)

やっぱり欲しい・・・

球根は何種類かありましたので、球根の前でタジタジタジ・・・

迷ったあげく「赤に白花種」を買いました。
(他には「赤」「白」「白に赤」などがありました。)

球根に書いてる栽培のポイントシールの写真

球根には栽培のポインが書かれています。

排水の良い土に球根の頭が2㎝ほどでるように植え付けます。
生育期は日当たりの良いところで管理し、秋に追肥を与え球根を太らせます。
11月頃から水やりを控え冬期には全く水をあたえずに(花畑の場合は掘り上げ)5度以上で保護してください。            (花の大和)

 

 

地植えでアマリリスを植えてみました。

土に植えてる所、アマリリスの球根写真

3月の終わり、アマリリスの球根を地植えしました。

どんな花が咲くかなぁ🌸

鉢植えが推奨されてるけど、きっと地植えの方が楽です。

アマリリスは、丈夫だけど寒さにはあまり強くないので、寒冷地では盛り土やマルチングをして防寒したり、掘り上げて、翌春に植え付けた方が良いそうですよ。

5月になると、

アマリリス、芽が出てきた写真

5月12日、

4月の間はアマリリスを植えてるのも忘れてしまうくらい、の

まったく音沙汰なしでしたが、

5月になると、小さな目が出たと思ったら一気にニョキニョキ

 

芽に小さなつぼみがある様子の写真

5日後

5月17日になると、つぼみが見えてきましたよ。

芽につぼみがある様子のアップ写真

くちばしみたいですね。

中にもたくさんのつぼみがあります。

 

アマリリスのつぼみが大きく膨らんだ写真

5月19日になると、つぼみがこんなに大きくふくらみました。

ちょっと、感激!

アマリリス、たくさんのつぼみが咲きだしそうな写真

いったい幾つ花が咲くのだろうと言う位、たくさんのつぼみもお目見えしました。

なんだかとても可愛らしい・・・愛しくなります。

待ち遠しいです。

 

アマリリス、満開になりました。

アマリリス、満開の写真

5月24日の写真です。

次から次へとたくさんの花が咲きだしました。

満開

かなりの存在感です。

アマリリス、満開のアップ写真

綺麗すぎて、何度も見に行ってしまいましたよ。

大感激していまいました。

赤と白のコントラスも美しいですよね。

アマリリス、とても優雅で気品を漂わせる数輪の花をつけます。
1株でも十分インパクトがありますよ。

 

アマリリスの育て方、ポイントをまとめてみました。

水やりのイラスト

アマリリスは球根が大きいほど花が多く咲くそうです。
球根が大きく、傷や変色がないものを選びましょう。

水はけの良い土、日光を好みます。
寒さには弱いので(5度以下は苦手)寒冷地では掘り上げて保護します。

開花期間中は週に1度液体肥料を与えると良いです。
(冬以外は、緩効性肥料などを与える。)

花が咲き終わったら花茎を根元から切り取りましょう。
花が終わり花梗が枯れると、葉が出てきます。
(葉を切らないように注意する。)
冬になると葉は枯れて地上部がなくなります。

冬は、水やりや肥料は必要がないです。
休眠期にはいります。

5月になったらまた素敵なお花が見れますね。
(一回り大きくなっているかな)

アマリリスは、とても丈夫です。
寒冷地以外の地植えの場合は、手間をかけなくても大丈夫みたい。
特にお世話しなくても素晴らしい花を咲かせてくれました。
(寒冷地では盛り土やマルチングをして防寒、掘り起しが必要)

来年も球根を買ってみようと思っています。
次は、赤にしてみようかな

 

アマリリスのイラスト