キヅタ(冬蔦)の実は小さなどんぐりみたい?

フユツタ(冬蔦)の実の写真
Pocket

寒い冬に林の中で小さなドングリみたいな実を発見。
よく見ると小さなイチジクみたいにも見える。

さらによく観察してみると、茎は木にぐるぐる巻きついていて葉もツタみたいです。

この小さな丸っこい実、調べてみると冬でもワサワサ青い葉を付けるキヅタ。
フユツタ(冬蔦)とも呼ばれてる植物でした。

キヅタ(冬蔦)ってどんな植物?

木に絡まって栄えて実を付けてるキヅタの写真

キヅタは、日本全国に普通に見られるツタで、ウコギ科キヅタ属の常緑性のつる植物。
森林、野山に自生し深緑色の葉を茂らせています。
石垣や家壁の彩りにも利用されている植物。

キヅタの特徴

茎から出る無数の気根(きこん)によって、他の木や岩や壁に絡みついて成長します。
高いものだとは10メートルにもなったりするそうです。

キヅタ(木蔦)の名の由来は、ツタに似るがより木質であるため。

冬にも葉があるので、別名がフユヅタ(冬蔦)。
紅葉が美しい落葉性のツタは「ナツヅタ(夏蔦)」と呼ばれています。
(ナツヅタは、ブドウ科ツタ属)

中国ではムカデに例えて百脚蜈蚣(ひゃくきゃくごこう)とも呼ばれています。

秋になると多数の黄緑色の小花を球状につけ、花後は直径8ミリほどの実になります。

花言葉は、「友情」・「信頼」

キヅタ(木蔦)

学名:Hedea rhombea
分類:ウコギ科キヅタ属
別名:フユヅタ(冬蔦)
原産地: 日本、朝鮮半島南部、台湾
分布: 日本では北海道南部から沖縄

 

キヅタの実ってどんぐりみたい?

茶色くなったキヅタの実の写真

キヅタの実は、先が尖っていてちょっと小さいどんぐりにも似てる?

 

どんぐりの実の写真(どんぐりの写真)

 

キヅタの実のアップ写真

よく見るとイチジクにも似てるような・・・

 

紫色のキヅタの実のアップ写真

こんな綺麗な色の実も見つけました。
紫がかっています。 まるで小さなまあるいお鍋のよう。

 

キヅタの実を割った様子の写真(種)

果実を割ってみると、ちょっと草っぽく甘酸っぱい香りがします。
中には種が5つ入っています。

 

キヅタの葉のようす

キヅタの実と葉の写真

キヅタの葉は、やや光沢がある緑色。
アイビーのような葉で、掌状に3~5裂する葉を付けてるものと菱状卵形の葉がどちらもありました。

キヅタの茎と葉、掌状に3~5裂する葉を付けてるものと菱状卵形の葉の写真

菱状卵形の葉だけ見ると、一見ツタなのかわからなくなる感じもします。
葉は互生しています。

キヅタの茎には気根があります。
巻きつくというより、根を這わせて自分の体を支えているようです。

 

キヅタの実は、オブジェやリースにも活用できそう

キヅタの実を手で持った様子の写真

キヅタの実は、とても可愛らしいです。
手に持ってみると、たくさんの鈴をつけてるようにも見えて来ました。

キヅタの実と手のひらの写真

小さな実ですが、オブジェやリースにも活用出来そうです。

 

檜の実のアップ写真

檜(ヒノキ)の実ってどんな実? 特徴や様子

2020-01-07
伊王島で見た熟したイヌマキの実の写真

イヌマキ(犬槇)の実は、とても珍しい形

2019-10-04
落ちていたモミジバフウの茶色い実の写真

トゲトゲの実? モミジバフウってどんな木

2019-08-29