檜(ヒノキ)の実ってどんな実? 特徴や様子

檜の実のアップ写真
Pocket

寒くなると、ヒノキの木はきれいな赤褐色の小さな実をたくさんつけます。
その姿は小さなサッカーボールみたいで、とても可愛らしいです。

近寄ってみると、特有の爽やかな香りがするので、天然の芳香剤にもなりそうです。
集めれば、リースなどのクラフトの材料にも使えそう。

ヒノキの実ってどんな実?
どこにあるの? 特徴や様子を書いています。

冬になると見かけるヒノキの実~特徴や様子

12月、檜に茶色の実がたくさんついてる様子の写真

冬のヒノキは、濃い緑色の枝葉に茶色く木質化した球果がたくさんつけます。
12月、公園のヒノキには、たくさんの実がついていました。

 

ヒノキの特徴

山の檜の写真(大きな檜)

ヒノキ」は、本州の福島県以南、四国、九州に分布している常緑針葉樹。
大きなものでは樹高50m、直径2m以上になるそうですよ。

ヒノキは、材木用として多く植栽されていますが、林や公園などでも見かけたりします。

高級建築材として使われるほか、造作材、建具材、家具材、曲物材など幅広く用いられています。樹木からは、精油成分ヒノキチオールが採取されます。

材の精油分を擦り環せて火をおこしたことから「火の木」と呼ばれるようになったという説があります。

 

名称:ヒノキ
分類:ヒノキ科 ヒノキ属
学名:Chamaecyparis obtusa
英語:Japanese cypress、Hinoki cypress
別名/俗称/和名:檜、桧、真木

 

ヒノキの実ってどんな実?

手のひらに乗せてみた檜の実の写真

実は、コロッとしててアラレやサッカーボールのような形。とても固い。
キュートな形をしているので、手作りが好きな人の材料にもなりそうです。

ちょっと美味しそうにも見えますが、残念ながら食用にはならないようです。

檜の実のアップ写真

種子は、殻の中から飛び出します。
(翼のある長さ約3mmの卵状楕円形)

葉の先に檜の実がついてる様子の写真

葉の裏側にまとまって実を付けています。

ヒノキの実の香りは、落ちついたウッディな香りがします。
森の中にいるような、深く安らぎのあるすっきりとした爽やかな香りです。

リラックス効果がありそうですよ。

 

秋のヒノキの実のようす (10月)

10月、檜の木に若い実がたくさんついてる様子の写真

若い果実をたくさんつけてる様子。(10月)
秋のヒノキの実は、青みがかっていて丸い。

ヒノキの開花は、3月下旬~4月ころです。
雌雄同株で、雌雄とも枝先につきます。
雄花は長さ2〜3mmの楕円形で、赤みを帯びる。
雌花は長さ3〜5mmの球形。

花の後に、直径10ミリ前後の実をつけます。

若い檜の実のアップ写真

 

ヒノキの実と杉の木の実

檜に実ったたくさんの実の写真

ヒノキ(檜)もスギ(杉)も、日本人にとってとても身近な樹木。

山などで植林されてるヒノキやスギは、どちらもスラっとしていて樹形がよく似ていてどちらなのか迷うことがありませんか。

そんな時は、を見ると区別ができます。

  • ヒノキの葉は、ひらべったい鱗片状。
  • スギの葉は、棒状で先が尖っています。

平たい葉は、ヒノキと覚えておくと区別がしやすいですよ。

杉に実った実の写真

スギも小さな実をつけます。
1・5~3センチくらいのマツボックリのような球果で、トゲトゲがたくさんついています。

スギの木は、北海道を除く日本全国に分布するスギ科スギ属の常緑樹。

 

檜の葉と実の写真

スギ(杉)とヒノキ(檜)の違い、簡単な見分け方

2020-03-04
落ちていたモミジバフウの茶色い実の写真

トゲトゲの実? モミジバフウってどんな木

2019-08-29
ソテツの花の中にある赤い実の写真

ソテツの実ってどんなもの? みつけ方や特徴

2019-07-05
木に着生しているノキシノブの写真

木に生える草?ノキシノブはよく見かける着生植物

2019-12-13