ムクゲ(槿 木槿)・フヨウ(芙蓉)・タチアオイ(葵)の違いや特徴

美しいピンクの芙蓉(フヨウ)花や蕾、葉のようすの写真
Pocket

夏にきれいな花を咲かせるムクゲやフヨウ、タチアオイ。
どれも似たような花を咲かせます。

フヨウ(芙蓉)とアオイ(葵)は、『』という同じ漢字使われるので、どっちだっけ?と混同したりしませんか。

また、ムクゲとフヨウは、同じ時期に咲いてる姿を見かけたりしませんか。これまた、何の花だっけ?

どれもが、葵(あおい)科の植物ですが、
ちょっとした特徴を知ると、もう迷いませんよ。

ムクゲ(槿 木槿)・フヨウ(芙蓉)・タチアオイ(葵)の花の違い

ムクゲ(槿 木槿)・フヨウ(芙蓉)・タチアオイ(葵)の花の写真(比較)

「ムクゲ」も「フヨウ」も「タチアオイ」もアオイ科の植物。
花だけだど、確かに見分けにくいですよね。

花弁は5枚で、咲き方や形もよく似ています。

花の大きさは、「フヨウ」が少し大きめ。
「ムクゲ」や「タチアオイ」に比べると一回り大きい花を咲かせています。

花の中を見てみると、
「フヨウ」は、ひゅんと飛び出してる雌しべに特徴があります。
柱頭が上向きに曲がっています。先端も5裂。

花の時期は、「タチアオイ」が速い。
タチアオイは、梅雨入りごろから咲き始め花が終わるころに梅雨が明けるといわれるように、真夏から秋には花が終わって茎も枯れだします。

「フヨウ」は、夏の終わり頃に満開になってる花姿をよく見かけますよ。
「ムクゲ」は、夏から秋にかけて長い間咲いています。

 

ムクゲ(槿 木槿)・フヨウ(芙蓉)・タチアオイ(葵)の葉の違い

ムクゲ(槿 木槿)・フヨウ(芙蓉)・タチアオイ(葵)の葉の写真(比較)

花の違いは、確かにわかりにくいけど、
葉の違いは歴然です。葉っぱを見れば違いがすぐわかります。

また、「ムクゲ」や「フヨウ」はですが、「タチアオイ」は草花です。

特徴がわかりやすいのは、「フヨウの葉」です。
「フヨウの葉」は、大きくて目立ちます。
手のひらみたいに横にも広がっています。

「ムクゲの葉」は、形は卵形で花より小さめで色も濃い。

「タチアオイの葉」は、葉は、5~7裂し、鋸歯があります。
タチアオイは、草なので、木ではなく茎なのも特徴。

花よりも、葉や茎を見た方が区別がつきそうですよね。

 

pino
また全体像や雰囲気も違います。

タチアオイは名の通り、いくつもの茎をすら~と立たせます。

ムクゲは、お庭によくある植木の雰囲気。直線的な枝を上方に伸ばします。

フヨウは、大きな葉がたくさん、横にもぐっと広がって草のような木のような振舞い。

 

ムクゲ(槿 木槿)の特徴

公演にたくさん咲いていたムクゲ(槿 木槿)の写真

ムクゲは、夏に5~10cmほどの花を咲かせる落葉性の花木。
公園や庭木としてよく見かけます。

花の命は短いのですが、7〜9月になると次ぎ次ぎと花を咲かせます。
品種が多く、一重咲きから、波打ったような八重咲き品種まで様々。

日本には、平安時代に渡来したと言われています。
韓国では国花になっています。

学名:Hibiscus syriacus
科名 / 属名:アオイ科 / フヨウ属(ヒビスクス、ハイビスカス属)
別名:木波知須(キハチス)
原産地: 中国、東南アジア、インド
花の色:花の色 白、赤、ピンク、紫、複色

花言葉:「信念」「新しい美」

花のようす

ムクゲ(槿 木槿)の花のアップ写真(全体)

ムクゲは学名は、「Hibiscus syriacus」(ハイビスカス・シラカス)
ハイビスカスによく似ています。

名の由来は、
漢名の「木槿」の音読み「もくきん」が変化して「むくげ」となった。
韓国の呼び方「無窮花(ムグンファ)」またはムキュウゲ」が変化して「むくげ」となったとも。

花を乾燥したものを生薬で木槿花(もくきんか)といい、胃腸炎などに効くそうです。

ムクゲ(槿 木槿)の花の中のアップ写真(雄しべや雌しべのようす)

長い雌しべが真っ直ぐに伸びています。
雌しべの軸の途中から多数の雄しべが出ています。

つぼみのようす

ムクゲ(槿 木槿)の蕾のアップ写真

大きく膨らませたつぼみ。

葉のようす

ムクゲ(槿 木槿)の葉の写真

葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
3本の掌状脈。
ハイビスカスよりも切れ込みが深いです。

 

フヨウ(芙蓉)の特徴

公園に咲いている芙蓉(フヨウ)の写真フヨウは、8月~10月始めにかけて、ピンクや白で直径10~15cmほどの大きな花を咲かせる落葉性の花木。
庭や公園などで見かけます。九州では道端などにも自生しています。

朝咲いて夕方にはしぼむ1日花で、長期間にわたって次々と開花します。

フヨウの園芸品種は多くありませんが、
朝に白い花を咲かせ、午後からピンクに変わるスイフヨウ(酔芙蓉)や草本のアメリカフヨウとの交配種もあります。

室町時代に観賞されていた記録があることから、古くから栽培されていたとのこと。

学名:Hibiscus mutable
科名 / 属名:アオイ科 / フヨウ属(ヒビスクス、ハイビスカス属)
別名:木芙蓉(モクフヨウ)
原産地: 中国、台湾、日本(沖縄、九州、四国)
花の色:ピンク・白

花言葉:「繊細な美」「しとやかな恋人」

 

花のようす

芙蓉(フヨウ)の花のアップ写真(全体)

フヨウは学名は、「Hibiscus mutable」(ハイビスカス・ミュータブル)
こちらもハイビスカスがついています。

”mutable”は、変化しやすい、変わりやすい、無常の、という意味。

名前の意味は、「芙蓉(フヨウ)」はハスの美称でもあり、とくに区別する際にはフヨウを「木芙蓉(モクフヨウ)」、ハスを「水芙蓉(スイフヨウ)」とするそうです。

昔から、「美しい人のたとえ」に用いられている花で、美しくしとやかな顔立ちのことを「芙蓉の顔」ともいいますよ。

芙蓉(フヨウ)の花の中のアップ写真(雄しべや雌しべ)

雌しべが上にキュンと上がってるのが特徴。

つぼみのようす

芙蓉(フヨウ)の蕾の写真

蕾の色は、濃いピンクですね。
しっかりとしたガクに包まれています。

葉のようす

芙蓉(フヨウ)の葉の写真

葉の直径は10~20㎝の五角形。互生する。
5~7本の掌状脈があります。
不思議な形の実をつけるプラタナス(モミジバスズカケノキ)にも似ています。

タチアオイ(葵)の特徴

庭に咲いてるタチアオイ(葵)の写真

タチアオイは、初夏から花を咲かせる一年草または二年草、または多年草。
庭、公園、耕作地などで見かけます。

長く直立した花茎に、6~10㎝ほどの花を穂状につけます。
花は、下から上へと順々に咲いていきますよ。

一重から八重咲、花弁の多いピオニー咲きなど多くの園芸品種があります。

日本へは、薬用として中国経由で持ち込まれたのが始まりだそう。
花を日干しで乾燥させたものが、蜀葵(しょっき)と呼ばれる生薬の一種。

学名: Althaea rosea
科名 / 属名:アオイ科 / タチアオイ属
別名:花葵(ハナアオイ)梅雨葵(ツユアオイ)唐葵(カラアオイ)ホリホック ホリーホック
原産地:アジア
花の色:赤・ピンク・オレンジ・黄・白・紫・複色

花言葉:「豊かな実り」「野望」

花のようす

タチアオイ(葵)の花のアップ写真(全体)

タチアオイの学名は、「 Alcea rosea」(アルセア・ロセア)
ハイビスカスに似ていますが、 Alcea=タチアイ属。

アオイの名は、葉がどんどん太陽の方に向かうところから、「あうひ」(仰日)の意味だそうですよ。

平安時代は「唐葵(カラアオイ)」と呼ばれてたそうです。

また、英名でもある「ホリーホック(hollyhock)」は、ホリーホック聖地からで、12世紀頃の十字軍が 、この花をシリアから持ち帰ったことより。

タチアオイ(葵)の花の中のアップ写真(雄しべ、雌しべ)

花粉がたくさんついた雄しべのかたまりの先端から、雌しべが出てきます。

つぼみのようす

タチアオイ(葵)の蕾と咲き始めの写真

次ぎ次ぎに花が開いていきます。

葉のようす

タチアオイ(葵)の葉の写真葉は、心臓状の円形で縁に鋸葉があります。

 

昔から一般に、葵(アオイ)と呼ばれたものはこのタチアオイを指すらしいですが、

京都で毎年5月中旬に行われる「葵祭り(あおいまつり)」の「葵」は江戸徳川家の紋所として知られる、「双葉葵(ふたばあおい)」のことだそうですよ。

双葉葵は、ウマノスズクサ科の植物で、山地などに生える多年草。
ハート形のきれいな葉をしていて、3~5月ころに花径15ミリくらいの暗い赤褐色の花を咲かせます。

 

アオイ科の植物の記事

ハマボウの特徴や育て方~夏を彩る黄色のアオイ科

2019.07.22

マロウ(ゼニアオイ)の育て方・成長記録~美しい花を咲かせるハーブ

2019.06.20