簡単に増やせるオリズルラン~育てるのが楽しい観葉植物

オリズルランの花の写真
Pocket

スッとのびた葉に、緑と白の模様のコントラストが美しいオリヅルラン。

春から夏にかけてランナーの節から、白く小さな可愛らしい花を咲かせますよ。

葉が伸び伸びしていて眺めていても気持ちが良い植物、
お部屋に置いてると、とても爽やかな印象を与えます。

爽やかと言えば、オリズルランには、空気清浄効果があるそうです。
1984年にNASAが行った実験で、空気中のホルムアルデヒドを葉に吸着する能力が高く、空気清浄効果があると示されているそうです。

初夏にたくさんの子株をつけるので、増やすのも簡単!
子株を育てて、プレゼントにしても喜ばれそうですよね。

オリズルランの育て方、増やし方

オリズルランの全体写真

オリズルランの特徴

オリヅルラン(折鶴蘭、Chlorophytum comosum)はキジカクシ科オリヅルラン属に属する常緑多年草原産地は熱帯アフリカから南アフリカです。

細長い茎(ランナー)を伸ばして、その先に子株をつけてる様子が、折鶴がぶら下がっているように見えるところから、名前がついたそうですよ。

1年中緑色の葉っぱを生やし、長い間枯れずに育ちます。ミニ観葉や鉢植え、吊鉢などにして楽しめます。

乾燥に強く、また過加湿な環境においても根腐れがおきにくい植物です。
日陰でも育ちます。丈夫で栽培が容易なので初心者でも育てやすい植物です。

 

オリズルランの育て方

オリズルランの花の写真

置き場

日当たりに置きますが、日陰でも育ちます。
生育期間は5月から9月です。この間は風がよく通る屋外に配置しましょう。
冬は、寒さが厳しい地域では室内に置いて管理します。
霜に当てなければ3℃くらいまでは枯れずに冬越しすることができます。

水やり

春から秋は鉢土の表面が乾いてきたら与えます。
冬は鉢土を乾かし気味に与えます。

肥料

春から秋の生育期に緩効性化成肥料を2か月に1回、
又は、液体肥料を1週間から10日に1回

植え替え

生育が比較的おう盛なので、毎年植え替えます。
時期は、5月~9月
土をよく落として古い根や傷んだ根を切り落とします。一回り大きな鉢に植え替えます。

※私は、春先から外に出しています。
外は気持ちが良いらしく元気いっぱいで生き生きと色合いも美しくなりますよ。
ちょうど生育期に重なるからでしょうけど・・・

オリズルランの増やし方

ランナーが伸びたオリズルランの写真

オリズルラン、楽しみのひとつが簡単に増やせること

暖かくなって外に出したオリズルランは、
初夏からは、どんどんランナーが伸びてきて子株が次ぎ次ぎに顔を出します。

この姿、ちょっと珍しい&可愛らしいですよね!

オリズルランの子株の写真

子株が付いてる細長い茎(ランナー)をカットします。

オリズルランの子株のアップ写真

子株にはもうちょっと根がではじめている?

挿したオリズルランの子株の写真

土に挿してあげます。
お水は、毎日あげてください。

挿したオリズルランの1か月後の子株の写真

1か月程で、こんなに大きくなりますよ。

切って、土に挿して、お水を上げてただけです。

オリヅルラン・ポニー

オリズルランポニーの写真

こちらは、葉がカールしているオリズルラン、
『オリズルラン ポニー』という名前がついています。

葉先が内側にカールしている種類で、普通のタイプとは、ちょっと違った印象のオリズルランです。

グリーンのストライプでリボンのような葉と、くるくる丸まった手毬のような子株がとても可愛いです。
こちらも同じように育てています。

オリズルランポニーの子株の写真

この種類もたくさん子株がつきますよ。

プレゼントしたら喜ばれそうと思って増やしています。

オリズルランの注意点

オリヅルランはとても丈夫な植物で、あまり病気にかかることはないと言われています。

それでも、葉先が茶色くなることがよくあります。
そんな時はハサミで茶色の部分を斜めに切ると目立たなくなります。
下葉が茶色く枯れてきたら、株元から切り取ります。

葉が茶色いなるのは、生育スピードが早いため根詰まりしてるため、水が隅々まで行き渡らなくなり水不足になってるのが原因と言われます。
最悪の場合は、枯れてしまう事もあるそうです。

毎年一回り大きな鉢に植え替えるとよさそうですよ。植え替えを行うのは、5月~9月が適期です。