美しい蓮(ハス)10選! 花や蕾(つぼみ)の様子・特徴

三色蓮の蕾と花托のアップ写真
Pocket

蓮(ハス)は、水の中からぐっと伸びてきた茎に、とてもきれいな花を咲かせます。
暑くなってきた初夏に、爽やかな彩りを与えてくれますよね。

普段みかける花とは、ひと味もふた味も違った雰囲気がたまらない。

美しいハスの花に癒されませんか。

初夏に見かけた綺麗なハスの花 特徴や様子

綺麗な三色蓮のアップ写真

ハスの花は、品種によって早咲きの物や遅咲きのものがあり、一概には言えませんが、初夏からお盆を過ぎるころまでが開花時期になります。

花は、夜明け前の早朝に開花して、午後には花を閉じるものも多いです。
3日ほど開閉を繰り返して、4日目になると花弁を落とし花托を残します。

水生植物、多年草
学名:Nelumbo nucifera
和名:ハス(蓮)
科名 / 属名:ハス科 / ハス属
原産国:熱帯~温帯アジア、オーストラリア北部、北アメリカなど

 

ミセス・スローカム

咲き始めのミセス スローカム、とても美しい花の様子のアップ写真

ミセス スローカム(Mrs. Perry D. Slocum)」

ペリースローカム(Perry D. Slocum)氏によって、黄花蓮(キバナハス)と中国産の八重赤色品種を交配して1965年に作出されました。

大型の黄紅色で八重咲き種。

大きな花弁は、豪華で見ごたえがあります。
色の変化が面白いハスです。

咲き始めは、淡い紅色で全体に黄色味を帯びています。

ミセス スローカムの蕾の様子の写真

蕾(つぼみ)のようす。
先が薄っすら紅色。

ミセス スローカムの咲き誇った様子のアップ写真

2日目以降は、赤は花弁先に残るのみで中心部は淡い黄色になります。
とても華やかです。

 

誠蓮(まことはす)

美しい誠蓮のアップ写真

誠蓮(まことはす)」
在来園芸品種。福岡県の佐藤誠氏が食用蓮「備中」から作った品種。

大型の八重咲き種。花弁数が多く100枚を超えるとも。
色合いが華やかで、とても愛らしい花です。

お盆用の切り花としても栽培されています。

誠蓮の蕾のアップ写真

色づいてる蕾のようす。
きれいですね。

 

真如蓮(しんにょれん)

真如蓮のアップ写真、清々しくて綺麗。

真如蓮(しんにょれん)」
山口県のに西園寺に伝わる品種。

白、一重咲き

清楚でスッキリとした感じです。
凛として清々しい印象です。

真如蓮の蕾の写真

蕾も白っぽい。

 

酔妃蓮(すいひれん)

酔妃蓮が咲き誇った写真

酔妃蓮(すいひれん)」
別名「孫文蓮(ソンブンレン)」
孫文により贈られた中国産ハスの種より育成。

爪紅の一重咲き 大きな花を咲かせます。

白の花弁の先にほんのりと紅がのり(爪紅)、酔ったお妃を連想させる事から命名されたそうです。

酔妃蓮、薄っすらピンクがかった蕾の写真

蕾は、先が薄いピンク色。
優しい雰囲気。

 

浄台蓮(じょうだいれん)

浄台蓮、美しい花のアップ写真

浄台蓮(じょうだいれん)」
在来園芸種。
江戸時代には観賞されており、当時上野不忍池に植えられていた記録あり。

中型の紅蓮系一重咲。

花弁に入る細い線、輪郭が濃いピンクが特徴的です。

浄台蓮の美しい蕾の写真

つぼみには、濃いピンク、線もがはっきりしています。

 

白万々(しろまんまん/はくまんまん)

白万々のアップ写真(横から撮った写真)

白万々(しろまんまん/はくまんまん)」
江戸時代より今日まで伝わっている伝統園芸品種。

大型の白、八重咲品種。花弁が多く100枚を超えるとのこと。
華麗で上品な印象の蓮の花。

白万々、咲き誇った美しい花のアップ写真

花びらの数が多くて、とてもきれいです。

「紅万々(こうまんまん)」という名の赤い花もありますよ。

白万々の大きな白い蕾の写真

薄っすら緑がかってる白くておおきな蕾。
ふっくらと膨らんで、もうすぐ咲きそう・・

 

日本古代蓮(にほんこだいはす)

日本古代蓮の咲き始めのアップ写真

日本古代蓮(にほんこだいはす)」
埼玉県にあるゴミ処理所建設予定地を整地した場所に池ができ、そこから発芽した蓮。
別名は、「行田蓮」

紅蓮系一重咲。

日本古代蓮の蕾の様子の写真

蕾もしっかり色づいています。

 

三色蓮(さんしょくれん)

とても美しい三色蓮の花のアップ写真

三色蓮(さんしょくれん)」

色合いがとても綺麗です。

バラの蕾のような三色蓮の蕾の様子の写真

つぼみはバラのようですね。

三色蓮、蕾が大きくなった様子の写真(色合いが大変美しい)

黄色がかった花びらと、優しいピンクの蕾がきれいです。
とてもステキ。

美しい三色蓮のアップ写真

いつまでも見ていたい・・

 

茶碗蓮(ちゃわんはす)

花びらがたくさん、ピンクの綺麗な茶碗蓮のアップ写真

茶碗蓮(ちゃわんはす)」は、ハスの園芸品種のなかでも小型の品種の総称です。
いくつもの系統があり、鉢栽培や切り花に用いられます。

色も淡紅色から白色の花、また一重咲きや八重咲があります。

名前の由来は、お茶碗のなかでも育てられるということからだそう。

ピンクの茶碗蓮の蕾の様子の写真

全体的にコンパクトサイズ、
蕾もピンクでとても綺麗ですね。

 

食用ハス

美しい食用ハスの満開の姿写真

食用ハス
食用に栽培されてる レンコンのハスは、背丈が高く花も葉も大きいです。
鑑賞用のハスとは、少し違った雰囲気を持っています。

食用ハスの花も、優しい感じがしてとても綺麗です。
大きな葉は傘になりそうなほどで、近寄ると生命力を感じますよ。

美しい食用ハスの蕾と咲き始めの花の写真

蕾も咲き始めもうっとり・・・・

 

ハスの花の中ってどんな感じ? 不思議な花托や雄しべや雌しべ

2018.07.17

九州のハス、名所、見所や祭り「夏の花、ハスのお花見へ行こう!」

2018.06.22