ハスの花の中ってどんな感じ? 不思議な花托や雄しべや雌しべ

Pocket

初夏を彩るうつくしいハスの花、

花の中をゆっくり覗いて見たことありますか。
そこには、『おやっ』て呟きたくなるほど、一目みたら忘れないほど不思議な空間が広がっています。
いったいどうなってるの?

ハスの花の中ってどんな感じ? ゆっくり見てみませんか。
この不思議な花は、どうやって育っていくのでしょう。

ハスの花の中は、不思議がいっぱい。花托から果托へ

ハスのつぼみのアップ写真

ハスの花は端正で優雅、そして神秘的な感じ・・・
花の姿といい、葉の形といい、少し不思議ちゃんです。

なぜか興味深くなりませんか。

開いたハスのアップ写真

浮世離れした美しさがあるハス、

花の命は短くて、3~4日程で散ってしまいます。
ハスの花は、早朝に咲き始め、午後には閉じていく・・・3日~4日繰り返して、
最後の日は閉じることなく花びらがパラパラと落ちていきます。
見に行くときは、早朝がおすすめです。

ハスの花の中はこんな感じ、

ハスの花の中のアップ写真と説明の画像
ハスの花の中、
大きな美しい花弁を開くと、その中もかなり不思議な感じで神秘的な空間が・・・。

花托

真ん中にある薄緑いろの部分は、すこしふわふわっとしていて花托(かたく)と呼ばれています。
花托とは花床(かしょう)ともいいます。花葉を支えるところで、多くの花ではあまり目立ちません。

雌しべ

そして、花托の表面に見える丸いぽちぽちが、ハスの花の雌しべです。

雄しべ

外側のオレンジ色のひらひらとしているのが、ハスの花の雄しべです。

なんとも不思議な世界が広がっています。
特に雌しべの形がユニーク、とってもおもしろいですね。

それに、蓮の花は雄しべが短いので雌しべに届かないので、自家受粉ができないそうです。
なので、虫たちにお願いしているみたいですよ!

受粉が成功したら、雌しべの黄色のところは、茶色へ変わっていきます。

受粉は昆虫?

ハスの花に近づくハチの写真

ハスの花に飛んできた、ハチです。

ハスの花を蜜がないので、香りで昆虫をおびき寄せているみたいですね?

ハスの花の香り嗅いだことありますか。
近くに寄らないとわからないのですが、ふんわりやさしい香りがします。

大きなハスに顔を近づけてみてください。甘い上品なとっても良い香りがしますよ。

花托から果托へ

ハスの花托の写真

花が散ってしまい、雄しべも次第に枯れてしまうと花托(かたく)から果托(かたく)へと変化していきます。

花びらが落ちた後の果実を乗せているのが「果托」と言われていますが、花托と果托は、混同されているような感じです。
どちらも呼び名は「かたく」ですね。

果托の内部では種が育っていきます。

ハスの種が成長していきます。

ハスの花托からハスの果托へと成長した写真

ハスの花の中は種づくりへと、

ハスの種がころっとしてきた感じです。
もしかしたら食べごろでしょうか?

ハスの種は日本ではあまり馴染みがないですが、ハスの種にはとても栄養があって味も良いと言われています。
でんぷん質が豊富で、トウモロコシのような食感だそうです。

食用にする種は、花が咲いてから3週間ほどで収穫できるそうです。
果托に空いた穴から1つ1つ、緑色の実を取り出していきます。

収穫した実は、日陰干しで乾燥させ、密閉容器に入れて常温、または冷蔵で1ヶ月くらいは保存できるそうです。

ハスの根はレンコンとしてよく食べますが、花から根っこまで食用にされている植物です。

ハスの果托と種のアップ写真

種はどんどん乾燥して固くなっていきます。

蓮の実がなる果托に穴が空いているのは、空気を吸う為だそうです。

根が水の中にあるため、果托を通して外から酸素を取り込みます。
そのため、果托の穴はそのまま根に直結してつながっています。

乾燥した果托

乾燥したスの果托と種の写真
乾燥した果托は、水分が蒸発して穴だらけに見えます。
ひとつの穴に一つづつ種が入っています。

ハスの種はとても固く、寿命が長いそうです。
「大賀ハス」呼ばれてるハスは、2000 年以上前のものと推定されるハスの種からの育てられたたハスです。
(株分けされたものが、各地で植えられています。)

また、この果托がまるでハチの巣みたいなので、「ハチス」⇒「ハス」と、呼ばれるようになったとも言われていますよ。

こげ茶色になった乾燥された果托は、インテリアや手芸などでも使われるのを見かけませんか。
ハスの花からはちょっと想像の出来ない形ですが・・・面白いですよね。

 

九州のハス、名所、見所や祭り「夏の花、ハスのお花見へ行こう!」

2018.06.22

蓮(ハス)と睡蓮(スイレン)の違いって何?特徴と見分け方

2018.06.17