ノースポールは育てやすい花「冬の花壇に植たら春には、こんなに大きくなりました。」

ノースポールの写真
Pocket

冬の花壇に植えてみた『ノースポール

春になったらとても大きくなりました。
もうしばらくしたら種がたくさん採れそうです。

ノースポールは、手間いらず、
とっても丈夫で、ほっておいてもどんどん大きくなっていきますよ。

真ん中が黄色で白い花びら~
ノースポール愛らしい小菊ですよね。
マーガレットにちょっと似てますよね。

ノースポールの成長は、こんな感じです。

花壇に植えてるノースポールとビオラや水仙の写真

ノースポールの特徴

『ノースポール』はキク科の植物です。別名、 クリサンセマム、
花径は3cmほど、草丈は15cm-25cm位。

花期は12月~6月で、

冬から初夏まで長く花を楽しむことができます。
霜には強いけど、夏までには枯れてしまう一年草ですよ。

とても丈夫で初心者でも育てやすい植物です。

パンジーやヴィオラなどとも相性がピッタリ・・・寄せ植えもステキですよね。🌸

12月に植えた苗

ノースポールの苗を植えた写真

12月の寒~い時、 冬は寂しい花壇にノースポールを植えようと苗を買ってきました。

まだ小さくて可愛らしい苗、手のひらにすっぽりのりそうな大きさです。
お花がひとつだけ咲いていますね。

地植えにしましたよ。

この時は、ノースポールの他に、ビオラ、プリムラ、ガーデンシクラメンなどを植えました。

ガーデニング 寂しくなった花壇に冬の花を植えてみました。

2月になったらこんな感じになりましたよ。

2月になって花が咲いたのノースポールの花壇の写真

まだまだ寒~い冬だけど、寒さなんかへっちゃらなご様子でどんどん大きくなってきました。

2月の終わり頃の写真です。

一回りも二回りも・・・うーーん。三回りりは大きくなったみたい。

強くて元気!

3月になったら

3月、ノースポールがたくさん咲いた花壇の写真

3月の終わりの写真です。

ずいぶん暖かくなってきて、桜も咲き始める季節になりました。

たくさんのノースポールが咲いてきて、とっても良い感じになりましたよ。
つぼみもたくさんあります♪

時々切っては小さな花瓶に活けたりと・・・

(雑草もはびこってくる時期ですね・・・(-_-;))

4月になったら

4月になってノースポールが満開になった花壇の写真

すっかり暖かい毎日、

ノースポールは、

4月になったらこんなに大きくなりました。(4月中旬の写真です。)
次々に花が咲きます。満開🌸

買ってきたころ、手のひらにのってた時とは大違い、
いったい何倍になったの?

花壇が華やかになって嬉しいです。

ノースポールの育て方

花壇のノースポール、アップの写真

たいしてお世話もしなかったノースポールですが、
冬の12月からずっーーと楽しませてくれました。

病気にもなりにくく、丈夫でとても育てやすい植物だと思いますよ。
ずぼらな私でも大丈夫でした。(^o^)

 

なので、育て方もとても簡単
(市販の苗からの育て方を書いてます。)

植える場所、外の日なた 庭でもプランターでも大丈夫です。(霜にあたっても枯れない。)

、市販されている花と野菜の土、地植えの場合は土に腐葉土を混ぜるのでもOK。

水やり、水控え目 (蒸れやすい)(乾燥に強い)

肥料やるとよく生育する。液体肥料を10日に1回くらいの割合

※伸びすぎたら刈り込んでしまいましょう。(全体の1/3~1/2で切り戻しをする)
わき芽が出て来て花がたくさん咲きます。

※苗は、葉の緑が濃い丈夫なものを選んでくださいね。

ノースポールのイラスト

ノースポール(northpole)は、北極(ノースポール)の白い大地のように白い花が株全体を覆うことに由来しているそうですよ!
 

クリスマスローズが綺麗すぎて時間が止まった。地植えでの育て方増やし方

2018.04.04