ながさき紫陽花まつりが見頃~出島からシーボルトまで歩く素敵な一日!

ながさき紫陽花まつりの紫陽花、アップ写真
Pocket

「ながさき紫陽花まつり」へ行って来ました。

出島、眼鏡橋、興福寺、シーボルト記念館までぐるりと歩いてみました。

きれいな紫陽花をたくさん見ることが出来ました。
ちょうど見頃だったと思います。

今日は、紫陽花びより

ゆっくり散策~

ながさき紫陽花まつりへ行ってみました。

【ながさき紫陽花まつり】
2019年度は、5月25日(土曜日)~6月16日(日曜日)
(写真・文章は、2018年度です。)

出島

出島表門橋と紫陽花の写真

最初に出島へ行ってみました。

130年ぶりに開通されたという、「出島表門橋」
長さ38.5メートル、幅4.4メートルの橋だそうです。
鉄製のシンプルなデザイン、スタイリッシュな感じですね~

橋の上には、ピンクやブルー、白など『色とりどりのあじさい』がきれいです。

ピンクのフリルの紫陽花の写真

ちょっと珍しい?

花びらがフリルになっていて、とても可愛らしいあじさいがありました。

出島の中は、あじさいのお花見以外にも、
当時の建物の再現や生活、洋館や資料館など楽しめるところがたくさんあります。

「ミニ出島」にもあじさいが植えられていましたよ。

旧出島神学校と紫陽花の写真

東側料金所の旧出島神学校にもあじさいが咲いています。
(明治11年に建てられた、現存する最古のキリスト教(プロテスタント)の神学校。)

ここには、料金所や出島売店・休憩室などがありますよ。
売店には、お土産もの、カードやキーホルダーなどがありました。

大人 510円 、高校生 200円 、小・中学生 100円
(団体割引や減免制度、長崎出島商館員制度などもあります。)

営業時間:8時00分~21時00分 (最終入場20:40)
〒850-0862 長崎県長崎市出島町6-1
TEL:095-821-7200

出島ホームページ

眼鏡橋

眼鏡橋と紫陽花の写真

出島から新地の方へ向かい、ベルナード観光通りを抜けて眼鏡橋へ行ってみました。
歩くと、10分以上はかかります。

ここは、「ながさき紫陽花まつり」のメイン会場になっています。
たくさんのあじさいが勢ぞろい。

眼鏡橋は、中島川にかかる日本最古のアーチ式石橋で、とても存在感があります。
紫陽花との相性もぴったりで風情を感じませんか。

絵になりますよね~

川沿いのガクアジサイの写真

額あじさいの花もたくさん咲いています。

 

ピンクはむらさき、オレンジと色とりどりの紫陽花の写真

道側にも、たくさんのあじさいがあります。

種類が豊富で、飽きません。
目移りしてしまいそうです。

濃いブルー、ピンクの紫陽花の写真

とってもあざやかなブルーや濃いピンクのあじさいも、

雨に唄えばという名前の紫陽花の写真

こんな可愛いあじさいの花もありました。
とてもキュート!

「☂に唄えば」 雨降りが楽しくなりそうな名前ですね。

 

興福寺

興福寺入り口の写真

寺町の興福寺へ行ってみました。
眼鏡橋からだとそう遠くない距離です。(徒歩10分ほど)

興福寺は、国内最初の黄檗禅宗(おうばくぜんしゅう)の唐寺です。
別名「あか寺」または「南京寺」ともいわれているそうです。

 

興福寺では、『紫陽花季』が開催されていました。

地植えの紫陽花が100株ほど、鉢植えの紫陽花は200鉢、紫陽花の種類は150種。

興福寺のヤマアジサイの写真

境内の山紫陽花(ヤマアジサイ)がたくさんあってとても素敵でした。

山紫陽花は、可憐で風情がありますよね。

なんとも癒しの空間です。

ヤマアジサイ、アップの写真 興福寺、白の紫陽花の写真

拝観料
大人300円 中・高生200円 小学生100円

*紫陽花パスポートも発売・・・500円
(5/25から6月末日まで何度でも入山可能。)

〒850-0872 長崎県長崎市寺町64番地
℡ 095-822-1076

路面電車「公会堂前」下車し徒歩8分

 

シーボルト宅鄭・シーボルト記念館

シーボルト記念館と紫陽花の写真

興福寺から新大工商店街をキョロキョロ見ながらシーボルト記念館へ向かいました。

ちょっとというか、かなり距離がありましたよ・・・
(途中でお店に寄り道したりもしましたが、、、)

でも好きな感じの町、雰囲気がある鳴滝の小道を歩いていくと、
赤レンガづくり3階建の洋館が見えて来ました。

シーボルト記念館は、
オランダ・ライデン市にあるシーボルト旧宅をイメージして建てられているそうですよ。

 

ここにも可愛らしいあじさいが咲いていました。

 

あじさいの原産地は日本って知っていましたか。
この美しいあじさいを世界に紹介したのは、シーボルトだそうです。

シーボルトはとてもあじさいが好きだったようですね。

「オタクサ」のお話しも有名ですよね。
純愛のおはなし・・・ですよね。

シーボルト宅跡と紫陽花の写真

シーボルト宅跡です。

シーボルトの名声を慕って集まる学徒や診療希望者のために作られた「鳴滝塾」跡です。

シーボルト宅跡のピンクとブルーの紫陽花の写真

〒850-0011 長崎県長崎市鳴滝2丁目

「シーボルト記念館」一般100円 小・中学生50円 (月曜日は定休日)

路面電車 新中川町下車徒歩9分

 

今日のおみやげ

ヤマアジサイ、紅額の写真

「ながさき紫陽花まつり」は、とても素晴らしいです。
長崎の街並みと共にあじさい巡りが楽しめました。

時期的にもちょうど見頃だったみたいですね。

そして、行く所々にいろいろなエピソードがあるのも面白かったです。
さすが、長崎!
異国情緒の街、歴史の街でもありますね。

 

でも、こんなに歩き疲れると思わなかったぁ~(-_-;)
ちょっと足が棒になった?

 

追伸

でもでも、お土産があったんです。

上の写真の山紫陽花、「紅額」が興福寺で販売されていました。
一番小さい苗を買ってきました。

紅額は、咲き始まりは真っ白。やがて縁が薄い桃色からまさに紅色になるそうですよ。
今は、15センチちょっとの苗ですが、来年にはお花が咲くかな~🌸

すごく楽しみです。🌸

 

長崎 あじさいの名所、見所やまつり 「きれいな紫陽花を見に行こう!」

2018.05.02

長崎 ホタル 情報5選 癒しのホタル!見どころと時期

2018.04.20

大村公園の花菖蒲園~満開で見頃、あでやかで素晴らしかった。

2018.05.30