雲仙のツツジ~仁田峠のミヤマキリシマが見頃!渋滞を避けて行ってみました。

雲仙仁田峠のミヤマキリシマの写真
Pocket

仁田峠へのミヤマキリシマが見頃を迎えてるということで、胸をときめかせて行ったところ、

仁田峠循環道路、なんと仁田峠線渋滞情報が出ていました。

「駐車場が満車のため、渋滞中との案内看板」が・・・・ガーーン(-_-;)

渋滞苦手なので、Uターン、
雲仙の温泉を楽しんで、夕方の4時頃に再度リベンジすることにしました。

おかげさまで、見頃のミヤマキリシマをしっかり堪能することが出来ました。

仁田峠へミヤマキリシマを見に行きました。

池の原のピンクのミヤマキリシマの写真

仁田峠へ車で行くときは、仁田峠循環道路を通らないと行けません。

後は、池の原園地妙見駐車場に車をとめて、仁田峠まで歩く方法もあります。

秋の雲仙紅葉狩り~渋滞なしで仁田峠へ行く方法

仁田峠循環道路

仁田峠循環道路は、8.2 kmの一方通行の道路です。(自然保全協力金として100円)

一方通行なので、一旦入ると引き返せません。渋滞するとちょっと大変だったりします。

【仁田峠循環道路通行時間】

夏期(4月~10月) 8:00~18:00(下り線ゲート 18:45施錠)

冬季(11月~3月) 8:00~17:00(下り線ゲート 17:45施錠)

 

仁田第二展望所

仁田峠第二展望所の写真

仁田峠循環道路は、夕方になるともう混んでいませんでした。
スイスイと快適にドライブが出来て一安心・・・眺めの良いドライブコースです。

仁田駐車場に行く途中にある「仁田第二展望所」で小休憩をすることに。

平成新山の写真

ここからは、平成新山を真正面に眺めることが出来ます。
平成新山は、雲仙岳が1990年に大噴火した時に誕生した溶岩ドームの山で、標高1483mほど、普賢岳よりも高く雲仙岳の最高峰です。

展望台からは、島原半島の街や有明海も見渡せます。

 

 

やったー!仁田峠に着いたよ~♪

仁田峠の木の看板の写真

仁田峠へ到着!

この時間になると、駐車場も空いていて、すんなり車を停めることが出来ました。
(仁田峠駐車場 大型車20台、普通車200台 収容可能)

 

仁田峠はツツジいろ~♪

ほんと見頃の見頃って感じでかなり嬉しい(^o^)

ここは、10万本のミヤマキリシマがあるそうです。

仁田峠のミヤマキリシマの写真(展望台付近)

山肌がツツジでおおわれてる~

ロープウェイもあるよ~♪

仁田峠のロープウェイの写真

山頂まで行く人にはロープウェイもあります。

標高1333mの妙見岳まで、3分ほどで到着します。
空中からミヤマキリシマを見ることが出来ますよ。

基本料金
往復大人・1,260 円 片道(630円)
往復子供 ・630 円   片道(320円)

夏季(4/1~10/31) 午前8時31分から午後5時23分(上り最終5時03分)
4分~8分毎の運行

 

満開のミヤマキリシマ

満開のミヤマキリシマの群生の写真

すごい!

密集してるミヤマキリシマの群落です。

これでもかっていう位のミヤマキリシマの饗宴

圧倒されます。

 

むらさきのミヤマキリシのアップの写真

ミヤマキリシマは、近くで見るとこんな感じです。

むらさきのツツジ・・・とても可憐ですよね。

ピンクのミヤマキリシのアップの写真

濃いピンクもキュートで可愛いです。

 

ミヤマキリシマの小道

ミヤマキリシマの小道の写真

散策できるように道が整っています。
小道や階段を通っていきます。

花道が続きますよー

どんどん山の上へと歩いて行けます。

 

ミヤマキリシマと新緑の写真

この季節は、新緑もきれいです。

お花を見ながらの散策は、とても気持ちが良いです。

 

上から見た仁田峠の写真

随分上までのぼりました。

雲仙の街並みや遠くは諏訪の池まで見渡せます。

絶景・・・

眼下に広がるピンク色・・・ツツジだらけでびっくりします。
こんなに綺麗なお花がたくさん自生しているって凄いですよね。

 

ミヤマキリシマは、九州山地にしかない特有の植物だそうです。
雲仙のほかは、阿蘇、九重、霧島などで見られるそうですよ。

一見の価値ありの仁田峠のミヤマキリシマでした。
見ることが出来て良かったです!!

雲仙は、「池の原園地」や「宝原園地」のミヤマキリシマもきれいです。
仁田峠よりも一足お先に見頃を迎えますよ。

雲仙の池の原園地~ミヤマキリシマのお花見を楽しみました

2019.05.14

雲仙の宝原つつじ公園~ミヤマキリシマと新緑がとっても爽やか

2019.05.13

長崎県のツツジの名所・見所 「きれいなツツジを見に行こう!8選」

2018.04.19