唐子ハス園 お花見へ~種類が豊富で美しい! 

唐子のハスの写真」
Pocket

梅雨の雨上がりの土曜日、唐子湿地公園へ『ハス』と『スイレン』のお花見へ行って来ました。

ハスとスイレンは午前中が見頃、午後はつぼみになっていくということです。
なんとか滑り込みセーフだったみたい。

早朝に行けばもっと綺麗だったのかな?
でも、滑り込みセーフでも大満足!とても美しいハスの花を堪能することが出来ました。

豊かな自然を満喫できる唐子ハス園、そよ風も爽やかで気持ちの良い一日でした。

唐子ハス園へ ハスとスイレンのお花見へ~GO!

唐比湿地公園の看板の写真

唐子ハス園は、長崎県諫早市の森山、唐子湿地公園にあります。
愛野方面へ向かう国道251号線沿いにあります。

2万平方メートルの湿地に、13種類のハスと12種類のハスやスイレンが植栽されている公園で、豊かな自然を満喫しながら間近で美しい花々を楽しむことができます。

貴重な植物や昆虫なども数多く生息するスポットですよ。

唐子ハス園のハス畑と山の写真

遠方に見える山は普賢岳? 広々した湿地帯のどかな景色が広がります。
どこまでも、ハス畑が続いているような感じですよね。

とっても広くて開放的でした。

ハスは6月下旬から8月中旬、スイレンは5月上旬から10月末まで鑑賞できるそうです。

ハス園の池に咲いてるハスの写真

泥中から美しい花を咲かせるハスの花。

ハス園のピンクのハスの写真

美しくて浮世離れしてる感じがしませんか。

美しいピンクのハスのアップ写真

優しいいろがとてもすてきで癒されます。

 

水たまりが出来たハスの葉の写真

ハスの葉に飴玉じゃなくて、雨玉・・・?  露玉(つゆだま)?

昨夜はたくさん☂が降ったせいなのか、ハスの葉っぱに水たまりがたくさん。
ゆらすとコロコロころがります。

ハスの別称は、露玉草(つゆたまぐさ)だそうです。

大きなハスの花の中のアップ写真

大きなハスの花の中は、

こんな感じでとっても綺麗です。 神秘的な感じですね。

ハスの花の後、かたくの写真

花が散ったあとの花托(かたく)

ジョローみたい? いやいやシャワーヘッドみたい。

花托は、花弁が散ると生長しながら果托に変化するそうです。
茶色になって、硬い果皮を持つハスの実になります。

ハスの実は、乾燥するとハチの巣みたいになることから、
「はち巣」 となり 「はす」 とよばれるようになったとも言われています。

巨椋の炎がたくさん咲いてる池の写真

「巨椋の炎」(おぐらのほのお)という種類のハスです。
色が濃いハスです。

唐子ハス園は、いろんな種類のハスが育てられています。
「唐比古代蓮」、「ミセススローカム」、「王子蓮」、「真如蓮」、「誠蓮」、「酔妃蓮」など、まだまだありますよ。

たくさんあって覚えきれないですね・・・

優しい色合いのハスのアップ写真

何日目のハスなんだろう?

色も形も美しくてうっとりしてしまいました。

ハスの命は短くて、咲いては閉じる、咲いては閉じると繰り返し、4日程で散ってしまうそうです。

優しい色合いのハスのつぼみの写真

おおきなつぼみです。

明日の早朝にはうつくしい花を咲かせるのでしょうね。

大輪、八重咲のハスの花、アップ写真

こんな可愛らしい素敵なハスにも出会えました(^o^)

 

 

濃いピンクのスイレンの写真

ハスみたいにたくさんではありませんが、スイレンが咲いていました。
スイレンは色あざやかです。

スイレンは、水辺にぷかぷか浮かんでる姿が涼しげでなんともすてきですよね。

白いスイレンの写真

白いスイレンもきれいです。

準絶滅危惧種とされている「アサザ」も鑑賞できました。ちいさな黄色のお花でしたよ!

 

※唐子ハス園、 毎年『唐比蓮祭り』も開催されていますよ。

【唐子湿地公園 唐子ハス園】

長崎県諫早市森山町唐比西

🚙諫早駅から車で約30分。
🚃JR諫早駅から島原鉄道(各停島原外港行)乗車約19分、諫早東高校前駅下車タクシーもしくは車で約12分。

九州のハス、名所、見所や祭り「夏の花、ハスのお花見へ行こう!」

2018.06.22

蓮(ハス)と睡蓮(スイレン)の違いって何?特徴と見分け方

2018.06.17