ドルフィンネックレスの育て方・増やし方 こんな花が咲きます

ドルフィンネックレスの花のアップ写真
Pocket

多肉植物の一種のドルフィンネックレス。正式名称は「セネシオ ペレグリヌス」。
垂れ下がるイルカ形の緑の葉が、とても愛らしくて癖になりそうな植物です。

とても丈夫で増やすのも簡単、初心者にも扱いやすい植物のよう。
どんどん大きくなりますよ。

ちょっと珍しい可愛い花も咲かせてくれます。

ドルフィンネックレスの特徴や育て方、増やし方、花のようす

大きく育ったドルフィンネックレスの様子の写真

小さな葉の一つ一つが、イルカみたいな形のドルフィンネックレス。
(春に小さな株を植えてたら、冬にはこんなに広がっていきました。)

ドルフィンネックレスの特徴

手のひらののせてみたドルフィンネックレスの葉の写真

「ドルフィンネックレス」は、グリーンネックレス、三日月ネックレスの仲間で、「グリーンネックレス」と「七宝樹」の交配種とされています。

下に向かって垂れ下がるように茎を伸ばしていきます。
耐寒性も強いので、冬でも屋外での管理ができます。

春と秋に成長する春秋型です。

分類:多肉植物
属名:セネシオ属
別名:ペレグリヌス
耐寒性/強い 耐暑性/強い

ドルフィンネックレスの花言葉:「豊富」「健やかな成長」「青春の思い出」

 

ドルフィンネックレスの育て方

  • 栽培場所
    日当たりのよい風通しの良い場所。
    (真夏の高温や真冬の寒風は苦手)

  • 市販の多肉植物用の土。
    配合する場合は赤玉土6・腐葉土2・川砂2などで水はけのよい土。
  • 水やり
    半月~1ヵ月に一度、土の表面が濡れる程度あたえます。
    (乾かし気味に管理する。与えすぎは根腐れの原因となる。)
  • 植え替え
    根詰まりがあったり、土が多湿傾向、水はけが悪くなった時。
  • 病気
    過湿になると根腐れの原因となるカビ類に侵食されます。
    春~秋にかけてアブラムシが発生することがあります

 

ドルフィンネックレスの増やし方

挿し木で育ててるハートカズラとドルフィンネックレスの写真

株分けや挿し木で増やすことができます。
適期は5~6月の成長期のはじめごろとありますが、折れてしまった茎などをいつ挿しても案外ちゃんと付いてくれます。

ハートカズラと一緒に挿し木してみましたが、ドルフィンネックレスの方が元気で大きくなりました。(花も咲かせています)

 

ドルフィンネックレスの花のようす

ドルフィンネックレスの花が咲いた写真

まだまだ寒い2月に、茎先に珍しい形の花を咲かせました。

ドルフィンネックレスの花、横から見たアップ写真

飛び出してるクルクルがとても可愛いです。雄しべでしょうか。

ドルフィンネックレスの花のつぼみのアップ写真

蕾も優しい色合いでとても綺麗です。

ドルフィンネックレスの花のアップ写真

しばらくすると、ピンクのクルクルはなくなって白い花の部分はフサフサになっていきます。

1センチちょっとのとても小さな花ですが、とても魅力的です。
花を見つけた時は感激。

 

ドルフィンネックレスの葉のようす

ビワの木に鉢を下げて育ててるドルフィンネックレスの写真

ドルフィンネックレスの葉は、飛び跳ねてるイルカの形が特徴的ですが、新芽や根元の葉は少し違った形をしています。

ドルフィンネックレスの新芽の様子の写真

新芽。

まだ、イルカになりきれてないよーって感じですね。

ドルフィンネックレスの根元の葉の様子の写真

根元の葉。

ちょっと間延びしてしまったイルカ?
というよりミツバ?

垂れ下がるドルフィンネックレスのイルカみたいな葉の写真

垂れ下がってる葉。

こちらは、しっかりイルカ。
元気よさそうなイルカがたくさんいます。

 

ドルフィンネックレス 育てレポ

ドルフィンネックレスは、見てるだけでも本当に癒される植物です。
可愛いイルカさんに元気をもらいますよ!

春に買ってきた小さなポットは、いつのまにかイルカのカーテンになりそう~?

ビワの木に鉢を吊るして、戸外のほぼ放置状態で育てていますが、元気いっぱいに育ってくれています。

時々茎が折れてしまうことがありますが、そんな時はそのままの状態で花壇に挿しても根付いていますよ。

ドルフィンネックレスは丈夫で育てやすい植物だと思います。

 

カランコエの写真

「どんどん増えるカランコエ 胡蝶の舞」の育て方 成長記録

2019-01-26
挿し木で育ったアロマティカスの写真

アロマティカスの育て方や増やし方・成長記録~肉厚のミントみたいで可愛い!

2019-06-18
多肉植物とサボテンの寄せ植えの写真

多肉植物とサボテンの寄せ植えもオシャレで可愛い!

2020-02-13