駅弁のおススメ 富山のますのすしがやっぱり美味しい!

箱からだしたますのすしの写真
Pocket

旅の気分も味わえる駅弁。

列車の中で食べるってことはあまりなくなりましたが、
駅弁ってなんだか情緒がありますよね。

それに、ご当地の美味しい物ですよね。
想像しただけで嬉しくなってしまいます。

先日、富山のますのすしをご馳走になりました。(^o^)

デパートで駅弁フェアーがありまして、大切な人からの差し入れですよ~

駅弁

好きな駅弁ってありますか。
思い出がある駅弁とかもあるかもですね~

私は、駅弁で何が好きって聞かれたら・・・

富山のますのすし~♪

これがとっても美味しいのです。

 

「富山のますのすし」食べるの3回目!
知ってて買ってきてくれてどうもありがとうです。<(_ _)>

もちっとしてるすし飯・・・
&何といっても風味のよいマスさん

その組み合わせ、

“Simple is the best.”って感じですね~

お陰様で、贅沢で幸せなひと時を過ごすことが出来ました。

富山のますのすし

鱒寿司って、

鱒寿司(ますずし)は、富山県の郷土料理。駅弁としても知られ、鱒(サクラマス)を用いて発酵させずに酢で味付けした押し寿司(早ずし)の一種。表記は必ずしも一定せず、
ます寿し、ますの寿し、鱒の寿司などとされることも多いが、すべて同様のものを指している。

ますのすし

買ってきてくれたますのすしの写真
源の「ますのすし」は、今からおよそ100年前、1912 年(明治45 年)に「ますのすし」を販売開始したそうです。

100年も歴史があるんですね~

わっぱに入ってます

曲物(わっぱ)に竹とゴムバンド~。

ほどよく押されてると言った感じです。アイデアがすごい~♪

使われてる竹や笹は、孟宗竹(もうそう竹)だそうです。
山などで良く見かける大きい竹ですよね~。

春になるとタケノコがニョキニョキって~

笹で包まれてます

蓋を開けたますのすしの写真

蓋を開けてみれば、
とても綺麗で感激!
うれしいなぁ~

木製の曲物(わっぱ)の底に放射上に笹を敷いてあります。
塩漬け後に味付けをした鱒の切り身がその上に並べてありますよ。

食べる時には曲物のふたをはずし、放射状に切り分けて食べますよ。

広げるとこんな感じ

ますのすし笹を取った写真

笹を1一枚一枚はがしていくとこんな感じになります。
綺麗なサーモンピンクがお目見えしますよ。

わ~美味しそう~♪

食べてみました。

切り分けたますのすしの写真

切り分けてみました。

なんだかケーキみたいですよね。
綺麗!

うーーーん。。かなりの美味しさです。
お味も風味も最高です!

感謝いっぱい

感謝いっぱいの「ますのすし」でした。
どうもありがとうございました。

結構ボリューミィですよ。

この大きさの駅弁だと一人では食べきれないかも?
私が少食だから??

(小さいサイズの小丸もあるみたいですょ。)

押し寿司になってるので、しっかりご飯が詰まってて見かけよりも満腹感があります。

でも、押し寿司なので
少々日持ちもするのでゆっくり食べても良いかもしれませんね。
(ホームページによると消費期限は2日程だそうです。理想の保管温度は15℃~20℃)

駅弁のおススメでした。汽車のイラスト

機会があったらぜひ!