ガマ(蒲)の穂~フランクフルトみたいな面白い植物

池の側にあったガマの穂の写真
Pocket

初夏に池の側や湿地帯へ行くと、茶色のフランクフルトのような形をした面白い植物を見かけたりしませんか。

近くによってみると、なんだかビロードみたいな感じ。
触ってみると、ちょっとふわふわ。

この植物は、出雲伝説の「因幡の白兎」にも出てくるガマの穂。

ガマの穂って何だか可愛い!
ガマの穂って、いったいどんな植物?

フランクフルトみたいなガマの穂 ガマ(蒲)ってどんな植物?

ガマ(蒲)」は、ガマ科ガマ属の多年草の抽水植物。
円柱状の穂は、ガマの穂と呼ばれています。

ガマの特徴

ガマは、北海道から九州の日本各地の沼沢地や水中に生える大型の多年草の宿根草の植物。
泥底の浅い水中から直立し、草丈は1メートルから2メートルぐらいの高さになります。

生育場所:池沼や河川の水辺、原野の水湿地、水田耕作放棄地。
太い地下茎を泥中に横走して広がり、群生することが多い。

学名:Typha latifolia
別名:御簾草(ミスクサ)

花期:6月~8月
果実が熟すと赤褐色のガマの穂となり、果穂の上方から白い冠毛をもつ種子が風によって飛散します。

また、ガマは、栄養塩類の除去などの水質浄化に役立っていると言われています。
魚類などの産卵や避難場所としても利用されてるそうですよ。

ガマの花の様子

7月の始めにハス園で見たガマ(蒲)

ガマは、茎の頂点付近に花穂をつけます。

上部は無数の雄花、下部も同じく無数の雌花。

雄花は枯れ始め、雌花は色づいています。

 

 ガマの穂の様子


7月の半ば、池の水辺で見たガマの穂のようす。
雄花は枯れてなくなっていまい、雌花は褐色になってふっくらとしています。

フランクフルトみたいな形になっていますよね~

近くでみるとこんな感じ。

本当に、ちょっと色の濃いフランクフルトみたいですよね。
チョコ色のうまい棒にも似ていませんか?

 

もっとアップにしてみました。
触ってみると、ちょっとだけふんわりします。
(芯はしっかり硬い)

 

ガマの葉

ガマの葉は、ほっそりとしてしなやかな葉です。
ちょっとススキの葉みたいな形です。

長くて丈夫なので、かつてはすだれや筵、ござなどに利用されたそうですよ。

 

綿毛がついたガマの様子

ガマの穂は、秋になって成熟すると綿毛になります。

綿毛の着いた種子は、風に乗ってどこまでも飛んでいきそうですね。

ふわふわのガマの綿毛は、昔、布団の中に詰めて使っていたそうです。
布団=蒲団という漢字は、ガマ(蒲)からきてるそうです。

 

ヒメガマ

散策して見かけたヒメガマの穂の写真

ガマの仲間は、ガマ・ヒメガマ・コガマの3種類あります。

写真は、「ヒメガマ
ヒメガマは、穂(ほ)の上の柄(え)の部分緑色の部分があるのが特徴です。

雄花の集まりが雌花から離れてつくため、離れた部分のが緑色になっています。

コガマ」は、ガマに比べて背丈も小さく、葉も細く穂も細い。

 

ガマのよもやま話

古事記の「因幡の白兎」では、皮を剥がされて苦しんでいるウサギに大国主命(オオクニヌシノミコト)が「ガマの穂を身体につけなさい。すぐに良くなるよ。」という場面があります。

集めたガマの花のうえに静かに寝転ぶと、すっかり元のしろうさぎに戻りました。

ガマの雄花の花粉は、風によって飛散して受粉しますが、
飛散する前に集めて乾燥させたものは漢方薬としても使われています。
蒲黄」(ほおう)と呼ばれ、傷やヤケドの傷を治す作用があるそうです。

 

また、「ガマの穂」は「かまぼこ」の語源だそうです。
当時のかまぼこは、今の形とは違って細い竹にすり身を付けて焼いた食べ物のこと。
これは現在のちくわにあたるそうです。
確かに、ちくわとガマの穂は色と形が似ていますね。

ガマの花言葉は「従順」「素直」です。