イロハモミジの紅葉 一枝にもカラフルなグラデーション

カラフルなイロハモミジの紅葉
Pocket

イロハモミジの紅葉が見頃を迎えています。

イロハモミジは、1本の木、1枝からも緑色に赤や黄色、オレンジなど、カラフルないろどりを楽しめます。
一度に美しいグラデーションが見れるので、お得な気分になったりします。

イロハモミジの紅葉 色とりどりのカラフルな葉

イロハモミジ(伊呂波紅葉)」は、福島県以西の本州、四国及び九州に分布するムクロジ科・カエデ属の落葉高木。

一般に「モミジ」と言えば、カエデ類を代表してイロハモミジのことをいうようです。

紅葉だけでなく、春には若葉と深紅の小花、夏は青葉がきれいで、四季を通じて美しい姿を見せてくれます。

名前の由来は、
イロハの名は5~7つに尖った葉先を「いろはにほへと」と数えた事に由来したと言われております。
「~モミジ」という呼び名は「紅葉する」という意味の方言である「もみず」が由来となった俗称。

学名:Acer palmatum
科・属名:ムクロジ科・カエデ属
原産地(分布) 日本(福島県以南) 朝鮮半島 中国 台湾
別名 イロハカエデ、タカオカエデ、コハモミジ
花言葉:「美しい変化」「調和」「自制」「大切な思い出」

 

紅葉は、イロハモミジの冬支度

晩秋になると美しい紅葉を見せてくれるイロハモミジ。
紅葉は、冬にそなえての、休眠期にはいる準備段階のようです。

生き残るための冬支度

秋に美しく紅葉する木は「落葉樹」と呼ばれています。春から夏は、たっぷり日差しを浴びることができるので、光合成を盛んに行い、成長するために必要な栄養をたくさん作ります。

しかし、秋になって日差しが弱くなると、光合成によって作られるエネルギーは激減します。「光合成によって得られるエネルギー」より「葉を緑色に維持するエネルギー」の方が大きくなってしまうのです。

そこで落葉樹は、余分なエネルギーをカットしようと、葉に栄養や水分を送ることをやめます。その代わり、枝や幹にエネルギーを蓄え、寒い冬を乗り越える準備をするのです。

引用:紅葉豆知識

 

緑から、赤・オレンジ・黄色の葉へ紅葉する理由

晩秋になると、イロハモミジの葉はおおまかに、緑→黄色→赤色と変化していきますが、これは葉の中に含まれる色素の違いによるものだそうです。

葉の緑色の正体は、クロロフィル(葉緑素)という色素。
紅葉で葉の色が変わっていくのは、寒くなって緑色の色素が減ることから始まります。

秋になると、光合成に使われる葉緑体中の色素「クロロフィル」が分解されます。

それまでクロロフィルの緑色に隠されていた、黄色の色素「カロチノイド」が目に見えるようになります。

また、「アントシアニン」と呼ばれる赤い色素も秋に合成されます。

 

  • 緑色の色素:葉緑素クロロフィル
  • 黄色の色素:カロチノイド
  • 赤色の色素:アントシアニン

 

※ 同じ赤でも、真紅やサーモンピンク、オレンジなどいろんな色の紅葉があるのは、アントシアニンの量が違うからだと考えられてるそうです。

 

一枝から、緑・黄色・オレンジ・赤の葉に色づくイロハモミジ

同じ時期、同じ枝からもカラフルな葉。

真っ赤な葉もあれば、くすんだ赤、オレンジや黄色、黄緑など。

紅葉している葉のなかに、まだ緑色の葉も混じっています。

かえって緑の葉が目立ちますね。
(まだ冬支度をしないのかな・・・)

葉の一部だけ赤く色づいてる葉。

こちらは黄色にはならず、緑から赤へ紅葉しています。

葉の色は、クロロフィル、カロテノイド、アントシアニンの比率で変わようです。

紅葉は、ゆるやかに寒くなるより一気に寒くなるほうが、鮮やかな赤になるようです。
日光がよく当たる場所で、適度に湿度のある場所が、きれいに紅葉しやすいそうです。

 

ナンキンハゼの紅葉と白い実の写真

ナンキンハゼ(南京櫨)、カラフルな紅葉と可愛い白い実のようす

2020-12-16
真っ赤に色づいたハゼノキの紅葉の写真

ハゼノキ(櫨の木、黄櫨の木)の紅葉 美しい櫨紅葉(はぜもみじ)

2021-01-05
紅葉したネジキの葉の様子の写真

ネジキの木 紅葉・実・冬芽・幹の様子

2021-01-21