足立美術館 秋の日本庭園を楽しみました!

足立美術館、秋の枯山水庭園の写真
Pocket

11月の始め、島根県安来市の郊外にある「足立美術館」へ行ってきました。

さすが庭園ランキング日本一に選ばれてるとあって、ため息がこぼれるような美しい庭を満喫できました。

モミジやドウダンツツジの紅葉もはじまっていましたよ。
しっとりとした秋の庭園を楽しめました。

緑の苔もとても綺麗です。庭園好きにはたまらないひと時となりました。

足立美術館 秋の庭園のようす

足立美術館、秋の日本庭園の写真

事業家として成功した足立全康(あだちぜんこう)氏の「郷土に恩返しがしたい」という思いから、昭和45年に設立された「足立美術館

5万坪の日本庭園は、米国の日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」による庭園ランキングで、16年連続日本一に選ばれ海外でも高い評価を得ています。

美術館には、横山大観をはじめとする近代日本画を中心に総数約1500点を所蔵しています。

 

pino
確かに、見たことのないような美しい庭園でした。
静かな絵をみているようなひと時でした。

 

 

枯山水庭園

足立美術館、枯山水庭園のようすの写真

ロビーから窓ガラス越しに中根金作による枯山水庭を望めます。
借景に山並みが広がっています。

足立美術館、枯山水庭園の説明の写真

「枯山水庭」とは、水を用いず山水の趣を表現した庭園のこと。
この庭園の中央にある石組で険しい山を表し、そこから流れる滝の水が渓流となり大河となる様子を白砂で表現しています。

足立美術館、枯山水庭園のようすの写真

 

足立美術館、枯山水庭園のようすの写真

 

足立美術館、枯山水庭園のようすの写真

 

足立美術館、枯山水庭園のようすの写真

 

足立美術館、枯山水庭園のようすの写真

 

苔庭

足立美術館、苔庭の様子の写真

苔庭の赤松は、斜めに植えられてそうです。

足立美術館、苔庭の様子の写真

 

足立美術館、苔庭の様子の写真

 

池庭

足立美術館の池庭の様子の写真

新しい感覚と伝統的な手法を用いて作られた「池庭」
きれいな鯉が優雅に泳いでます。

足立美術館の池庭の様子の写真 

 

足立美術館の池庭の様子の写真

 

足立美術館の池庭の様子の写真

 

白砂青松庭

秋の白砂青松庭の写真

白砂の丘陵に大小の松がリズミカルに配置されてる「白砂青松庭(はくさせいしょうてい)」
横山大観の名作「白砂青松」をイメージした庭だそうです。

白砂青松 池と庭の写真

 

美しい庭園を堪能した後は、美術館へ

足立美術館には、足立全康氏が蒐集した膨大な数の作品が所蔵されています。
横山大観をはじめとした近代日本画コレクションや、北大路魯山人の陶芸なども楽しめます。

喫茶室や茶室もありました。
時間があれば、庭園を見ながらゆっくりくつろぐのも良さそうです。

【住所】島根県安来市古川町320
【電話番号】0854-28-7111
【開園時間】午前9時~午後5時30分(4月-9月)午前9時~午後5時(10月-3月)
【入園料】大人 2,300円/大学生 1,800円/高校生 1,000円/小中学生 500円
【アクセス】
🚗山陰道安来IC 車で約10分
🚃JR安来駅 無料シャトルバスで約20分(約30分間隔)

足立美術館 公式サイト

秋の由志園へ行って来ました。紅葉や牡丹もきれいでくつろげました!

2019.11.11

島根 松江フォーゲルパークへ行ってきた!想像以上に素晴らしかった

2019.11.05

松江城の遊覧船~堀川めぐりってどんな感じ?

2019.11.06