おススメなタジン鍋~便利な使い方と美味しく出来る特徴

我が家のタジン鍋の写真
Pocket

タジン鍋愛用者です。(^o^)

どの位好きかって言われると、とっても好きです!

なぜ好きかと言うと、お料理がとても美味しく出来上がるからです。
しかもとても可愛らしい。

キッチンに置いておいても絵になるし、

食卓にそのまま運んでもさまになります。
タジン鍋、ヘルシー料理にも人気ですよね。

タジン鍋

「タジン」とは、

アラビア語では「鍋」という意味だそうです。

タジン鍋は、水が貴重なモロッコの砂漠で生まれたお鍋です。
モロッコはアフリカ大陸の北西端にあります。サハラ砂漠一部もモロッコです。
お料理はクスクスとか有名ですよね。
モロッコでは、伝統的な煮込み料理のことを「タジン」と呼んでいます。

「タジン鍋」の形って独特ですよね。
とんがり帽子のような三角の蓋に目をひきます。可愛いです。

この形は、水分が蒸発しにくい仕組みになっているそうです。
食材からのぼる蒸気が蓋の上部で冷やされて、水滴になって蓋の内側をつたっれ食材に戻っていくのだそうです。
少ない水分でも美味しく料理が作れる作りになっています。

作れる料理と特徴

蒸し料理が代表的なイメージのタジン鍋ですが、
イヤキット炒めたい物や揚げ物意外はなんでもこなします。

野菜だけでなく、鶏肉、豚肉、魚、パエリアやスイーツなども作れます。
食材の栄養を逃がさず、ふっくら美味しい料理に仕上がるのがタジン鍋の特徴です。
普通の土鍋みたいに鍋料理にも使えますよ。
便利なんですよ~。

 

pino
牛丼も美味しく作れたよ~

タジン鍋の得意とするところは、

少ない水分でじっくり火を通すので、素材の味を引き出すのがとても上手。
ついでに、食材の栄養を逃がさないという特技もあります。

普通の土鍋との違い

土鍋は、調理すると鍋全体が熱くなり水分を蒸発させます。
水分が少ない料理には土鍋は向かないです。

タジン鍋を選ぶときのチェック

鍋に厚みがあり、蓋が重いもの。
(食材の水分を引き出しやすい)

焦げ付きにくいもの。
(焦げても落としやすい加工のもの)

おすすめなタジン鍋

家のタジン鍋の写真

「おすすめなタジン鍋」一番は、ルクルーゼです。

我が家では5年ほどこの黄色いタジン鍋を使っています。↑
とても使い勝手もよく万能なお鍋ですよ。

このお鍋は肉じゃがを作るときのような普通のお鍋としても使っています。
煮物などもとても美味しく仕上がります。

買ったきっかけは、ルクルーゼが好きだからという事ですが、
ルクルーゼのココットホーロー鍋を15年以上使っています。
ルクルーゼは、かなり使い勝手の良いお鍋です。

ココットは、15年使ってても、それなりの味は出てきましたがほとんど傷みませし、やっぱり料理が美味しく仕上がります。

毎日使っても100年持ちこたえる丈夫さ」と言われてるように、私にとっては一生物のお鍋だと思っていますよ。(^o^)

ある日、ルクルーゼのショップへ行った時に、
「なんとタジン鍋があるではないか。」
可愛いタジン鍋に一目惚れしてしまった!

そんなこんなです。

タジン鍋の使い心地も予想通りでした。買って良かったです。
料理の腕に係わらず、美味しく出来るのがgood♪
お客さんが来た時もそのまま食卓へ出したりも出来るので嬉しいですよ。

ただ、難を言えば値段が高いことと、重いいこと。

でも、長い目でみれば100年使えるお鍋の方が良いかなぁ(笑)

ルクルーゼのお鍋は手入れもとても楽です。

 

1925年からフランスの丹念な製法を守ってるルクルーゼ。
カラーも色々ありますよ。

 

波佐見焼のタジン鍋です。
葡萄の図柄もオシャレです。
簡単おいしいレシピ付きの商品です。

 

色はホワイトとモスグリーンがあります。
手頃な価格のシンプルなタジン鍋です。

シリコン製のタジン鍋です。
電子レンジ・オーブンで使います。
フタを畳んで納場が出来ます。
軽いので持ち運びが楽です。

 

タジン鍋のまとめ

タジン鍋の蒸し料理は、とてもヘルシー
水分が少なくても美味しく出来ます。
なのでビタミン・ミネラルの喪失もすくなく素材のおいしさを失わずにたくさん食べられますね。
(ダイエットにも良さそうですね。)
煮込み料理も美味しく仕上がります。
土鍋の代用にしたり、そのまま食卓に出したりと、使い勝手の良いお鍋ですよ。