ハイビスカスに似た花~アオイ科・フヨウ属の美しい花たち

沖縄で見かけたハイビスカスの花の写真
Pocket

南国を連想させるハイビスカスは、暑い夏にも爽やかで鮮やかな彩りを添えてくれるアオイ科・フヨウ属の美しい花です。

夏になると、ハイビスカスみたいな花、似ている花を見かけることが多くありませんか。

アオイ科・フヨウ属の花は、花の形が同じようなものが多く似通っています。でもそれぞれに個性豊かな一面があり面白いです。

夏に見かけるハイビスカスに似ている花

ハイビスカスの写真

ハイビスカス」は、世界各地の熱帯・亜熱帯地域を中心に、一部温帯地域を含めて分布しているアオイ科・フヨウ属の非耐寒性常緑低木。

 

ハイビスカスの特徴

ハイビスカスの開花時期は5~10月頃で、夏~秋にかけて最盛期を迎えます。

ハイビスカスの園芸種は、世界で5000種を超えると言われています。
広義の意味でのハイビスカスは、アオイ科フヨウ属の植物全般のことを指すようですが、一般的には、ブッソウゲなど数種の野生種から作出された品種のことをハイビスカスと呼んでいます。

花色は赤、ピンク、白、黄、オレンジ、紫などがあり、花はゴージャスな大輪から小輪まであり、垂れ下がるように花が付くものもあります。

通常は、朝開いて夜に閉じて1日で終わってしまう1日花ですが、1つの花が2~3日咲くものもあります。

学名:Hibiscus
科・属名:アオイ科フヨウ属
別名:仏桑花(ブッソウゲ)、琉球木槿(リュウキュウムクゲ)
原産地:中国南部、インド洋やハワイ諸島、モーリシャス島等といわれるが詳細は不明
花言葉:「繊細な美」「新しい恋」

 

ハイビスカスの花・葉の様子

ハイビスカスの花や葉の様子の写真

ハイビスカスの花の形

多くは、5つにさけた(がく)と5枚の花弁(はなびら)からなり、筒状に合わさった多くの雄しべが突き出ています。(八重咲の品種もあります。)

たくさんの雄しべと雌めしべが合着して筒状になって、 花の中心に突き出しているのは、アオイ科の特徴です。

 

ハイビスカスの葉の形

葉は卵形から楕円形で、手のひらのように裂け目があるものや、葉の縁が滑らかなもの~ギザギザしている鋸歯のもの、葉に斑が入るものなどがあります。茎に互い違いにつきます。

 

赤いハイビスカスみたいなモミジアオイ

モミジ葵の花の写真

モミジアオイ(紅葉葵)」は、北アメリカに分布するアオイ科フヨウ属の多年草。宿根草植物ですが、草丈は2mにもなる大型の草花です。
開花時期:7月から9月頃。

沼地に多く自生することから、沼ハイビスカス(swamp hibiscus)とも呼ばれています。

赤い花が目につき、赤いハイビスカスともよく似ています。光沢のある鮮やかな緋色で、紅蜀葵(こうしょっき)とも呼ばれます。

花色は赤のほか、白、ピンクもあります。

モミジアオイの花と葉の写真
花は、花弁の根元が細く、花弁の間の隙間も広いのが特徴です。
葉は、線の細いモミジ(カエデ)のようです。

朝咲いてその日の夕方にはしぼんでしまう一日花。

名前の由来は、星形の葉っぱの形がモミジに似ている事から付けられいます。

学名:Hibiscus coccineus
科・属名:アオイ科・フヨウ属
別名:コウショッキ(紅蜀葵)
原産地:北アメリカ
草丈:1.5m~2m
開花期:7月~9月中旬
花言葉:「温和」「穏やかさ」「優しさ」「努力の賜物」

 

大輪の花を咲かせるタイタンビカス

タイタンビカスの花の写真

タイタンビカス」は、特定のアメリカフヨウとモミジアオイの交配選抜種。
高さ2mになるアオイ科フヨウ属の大型の宿根草です。
開花時期:7月下旬~10月上旬。

ハイビスカスに似た華やかな大きな花を咲かせます。
花色は、白、ピンク、赤など。

タイタンビカスの花と葉の写真

花の大きさは子供の顔(直径15~25cm)ほどもあり、一日花ですが全盛期の真夏には、巨大な花が次々と咲き乱れます。

葉は、普通切れ込みが入り3列に分かれますが、分裂しないものもあるようです。葉の縁には鋸歯があります。

ハイビスカスのような花姿から「巨神タイタン」にちなんで、タイタンビカスと名づけられました。

学名:Hibiscus x taitanbicus
科・属名:アオイ科・フヨウ属
原産地:日本(赤塚植物園)
草丈:2m~3m
開花期:7月~9月
花言葉:「美しさ」「新しい恋」「繊細な美」「伝統」

 

アメリカフヨウは、フヨウよりも大きな花を咲かせる宿根草

アメリカフヨウの花の写真

アメリカフヨウ」は、北アメリカに分布するアオイ科フヨウ属の多年草です。
開花時期:7月~9月。

フヨウによく似ていますが、フヨウは落葉低木の花木で、アメリカフヨウは宿根草です。花はフヨウを一回り大きくしたような、ピンクや白の一日花を咲かせます。

フヨウと同様、花がハイビスカスとよく似ています。
花色は、白、ピンク、赤など。

アメリカフヨウの花と葉の写真

花は一重の丸型で15cm以上の大型。
宿根草なので、「クサフヨウ(草芙蓉)」とも呼ばれます。

葉は卵型で先端は尖り、縁はギザギザしています。
フヨウの葉よりは小さい。

アメリカアラバマ州が原産地の芙蓉(フヨウ)ということで、「アメリカフヨウ」という名前がついてるようです。

学名:Hibiscus moscheutos
科・属名:アオイ科・フヨウ属
原産地:北アメリカ
別名:クサフヨウ(草芙蓉)
草丈:1m~2m
開花期:7月~9月
花言葉:「日ごとの美しさ」「しとやかな恋」「はなやかな生活」

 

とても丈夫! たくましく咲くフヨウの花

酔芙蓉の花の写真

フヨウ(芙蓉)」は、日本、中国、台湾にに分布するアオイ科フヨウ属の落葉低木。
日本に古代から自生し、室町時代には既に庭木として栽培されていたそうで、公園や空き地などでもよく見かける花木です。
開花時期:8月~9月。

花色はピンク、白。
基本種の一重咲きの他、八重咲き品種もあります。

フヨウの葉の写真

枝はよく分枝してこんもりと茂り、樹高2~3m程度に成長します。

花期になると、分枝した枝の葉の付け根から花序を出し、花径10~15㎝程度の花を咲かせます。一日花ですが次々花を咲かせます。

フヨウの葉は特徴的で、手のひらのようで、浅く3裂から5裂しています。

フヨウ(芙蓉)は、蓮の美称としても使われることから、区別するために「モクフヨウ(木芙蓉)」とも呼ばれています。

学名:Hibiscus mutabilis
科・属名:アオイ科・フヨウ属
原産地:中国、台湾、日本
別名:モクフヨウ(木芙蓉)
草丈:2m~3m
開花期:7月~9月
花言葉:「繊細な美」「しとやかな恋人」

 

朝に開花したときは白花で、 午後にピンクへ、夕方になるにつれてだんだん赤くなる「スイフヨウ(酔芙蓉)」も同じ形の花をしています。

酔芙蓉の花の写真

酔芙蓉(スイフヨウ) 白からピンクへの色の移り変わりの様子・育て方

2020-08-04

 

庭木でよく見かけるムクゲの花

ムクゲの花の写真ムクゲ(木槿)」は、中国、台湾、朝鮮半島に分布するアオイ科フヨウ属の落葉性低木です。
公園や一般家庭の庭木としてもよく栽培されています。
花期:7月~9月。

基本種の一重咲きのほか、八重咲き、大きな花弁の内側に小さな花弁が重なる半八重咲き、バラ咲き、ポンポン咲き、乱れ咲きなどがあります。

花色は、白、ピンク、赤、紫、複色。

ムクゲの花と葉の写真

枝は直立してよく分枝し、樹高1~3m程度に成長します。
木に咲く花で、花径6~10㎝程度の花を咲かせます。

葉は互生し、長さ3~10㎝、幅2~4㎝の広卵形から菱形で縁に鋸歯があり、多くの場合浅く3裂しています。

名前に由来は、中国名の「モクキン・ムーチン」か、韓国名の「ムグンファ」がなまったという説が有力とされています。

学名:Hibiscus syriacus
科・属名:アオイ科・フヨウ属
原産地:中国
別名:ハチス(波知須)、キハチス(木波知須)、モクキンカ(木槿花)
草丈:1m~3m
開花期:7月~9月
花言葉:「信念」「デリケートな愛」「尊敬」

 

和風のハイビスカスと呼ばれる、ハマボウ(浜朴、黄槿)

ハマボウ(浜朴、黄槿)の花の写真

ハマボウ(浜朴、黄槿)」は、関東以西の本州・四国・九州に分布するアオイ科フヨウ属の落葉性低木です。内湾や河口の塩性湿地に生育します。
開花時期:7月~8月。

レモンイエローがとても爽やかな花で、「和風のハイビスカス」と呼ばれます。
また、「温帯のマングローブ」ともいわれている塩生植物。

ハマボウ(浜朴、黄槿)の花の蕾と葉の写真

花は5~8cm程で、中心部は暗赤色であり、朝咲いて夕刻にはしぼむ一日花。しぼんだ花は燈色に変わります
見た目は、小さめのハイビスカスのようです。

葉は、厚みがある倒卵状円形で、葉縁には細かい鋸歯があり、先がやや尖っています。

名前の由来は諸説ありますが、「浜辺の朴の木(ホオノキ)」と考えられたようです。

学名:Hibiscus hamabo
科・属名:アオイ科・フヨウ属
原産地:日本(関東以西)
草丈:1m~3m
開花期:7月~8月
花言葉:「楽しい思い出」「淡い恋心」
公園に咲いていたハマボウアイオのアップ写真

ハマボウ(浜朴、黄槿)の花の様子 特徴や育て方

2019-07-22

 

立ち姿が目を引くタチアオイ(ホリホック)

タチアオイ(ホリホック)の花の写真

タチアオイ(ホリホック)」は、アオイ科ビロードアオイ属の一・二年草、または多年草です。まっすぐ伸びる長い茎に、ハイビスカスに似た花を穂状につけます。(フヨウ属の植物ではありません。)
花期:6月~8月中旬。

園芸品種が多くあり、花型は一重咲き、八重咲き、ピオニー咲き。花色も白、黄色、アプリコット、ピンク、濃いピンク、赤、紫など非常に豊富です。

タチアオイ(ホリホック)の花と葉の写真

茎は直立して花を咲かせながら、草丈60~200㎝程度に成長します。花は直径7〜10cm程で、下から次々に咲き上がります。

葉は、浅く5~7裂した掌状で基部が心形。
縁に鋸歯を持って互生します。葉の表面には皺が目立ちます。

まっすぐに伸びる草姿からタチアオイ(立葵)の和名があります。

よく似た草姿の植物に「マロウ(ウスベニアオイ)」があります。
タチアオイより一回り小さい花を咲かせます。

学名:Althaea rosea(Alcea rosea)
科・属名:アオイ科・ビロードアオイ属(タチアオイ属)
原産地:地中海沿岸(有力説)
草丈:0.6m~2m
開花期:6月~8月中旬
花言葉:「大望」「野心」「豊かな実り」「気高く威厳に満ちた美」
美しく咲いたマロウの花の写真

マロウ(ゼニアオイ)の育て方・成長記録~美しい花を咲かせるハーブ

2019-06-20

 

美しいピンクの芙蓉(フヨウ)花や蕾、葉のようすの写真

ムクゲ(槿 木槿)・フヨウ(芙蓉)・タチアオイ(葵)の違い・特徴

2019-09-24