ハクモクレン(白木蓮)の特徴 美しい花や蕾のようす

美しいハクモクレンの写真
Pocket

春になると、ひときわ目立つ真っ白な花を咲かせる「ハナモクレン」。
純白の大きな花は存在感抜群で、ついつい見入ってしまいませんか。

近づくととても良い香り。甘い上品な香りを漂させています。

ハクモクレンは、紫色の花が咲くモクレンよりも半月ほど早く咲きだします。
同じように枝先に白い花を咲かせる、モクレン科のコブシの花よりも一回り大きいですよ。

モクレン科の花は、春の日差しを受けてつぼみの南側が膨らんで、先端が北を指すことから「磁石の木」とも呼ばれています。

ハクモクレン(白木蓮)の特徴 蕾や花、モクレン(木蓮)やコブシ(辛夷)の違い

ハクモクレン(白木蓮)は、モクレンの仲間で中国の中南東部を原産とする落葉広葉樹。
中国名は玉蘭、白蘭ともいわれ、品格のある高貴な花とされています。

 

ハナモクレンの特徴

日本への渡来の時期は江戸時代以前とも言われてますが、古くは「もくらに(毛久良爾)」と呼ばれていました。

春になると、葉が出る前に厚みのある大きな白い花たくさん咲かせます。
花の咲き方は、斜め上向きで閉じたような形の半開状。

開花時期は、3月~4月頃。
花期は短く、2~3日ほど咲いた後に枯れてしまいます。

樹高は、モクレンの中でも大型の種類で10-15m程度まで成長します。

 

分類:モクレン科 モクレン属
学名:Magnolia denudata
原産地:中国
別名:ハクレン(白蓮)・ギョクラン(玉蘭)
花言葉:「高潔な心」

 

 

ハクモクレンの蕾のようす

ハクモクレンのツボミは、銀色ぽい。
毛におおわれた着物(鱗片葉=りんぺんよう)に包まれています。

モクレンのつぼみは、暖かい陽射しを受け始めると、南側が成長して膨らみ先端が北向きになるので、「磁石の木」と言われるそうですよ。

モクレン科植物は全部、花を北向きに咲かせるようです。

花が開花をはじめると、鱗片葉は落ちていきます。

脱ぎ捨てられた毛皮のコート?

手に取るとこんな感じです。
(ちょっとタケノコの皮っぽい感じ。ちょっと硬いです。)

 

ハクモクレンの花のようす

ハクモクレンは、カップ状の形で満開です。
萼片が花弁と同じ形になり、たくさんの花びらがあるように見えて豪華です。

外見は花びらが9枚あるように見えますが、花弁は6枚、萼片が3枚。
(花もガクも同形同色)
少し丸みを帯びた純白のぽってりとした厚みのある花びら。

うっとりとさせる美しい花。
近寄ると、上品で優雅な甘い香りがします。

イギリスの王宮植物園園長だったジョセフ・バンクス卿は、モクレンを中国から導入したときに、「枝先にユリの花がついている木」と評したそうです。

 

ハナモクレンの花の中(雄しべ・雌しべ)

真ん中に雌しべが1本あり、まわりに雄しべがたくさんあります。
(花托の頂端部に雌しべ、雌しべの下に雄しべが螺旋状につく。)

雌しべの先端は細長く伸びたピンク色の花柱となる。
雄しべは縁からクリーム色の花粉を出す。

 

ハクモクレンの白い花が満開になる様は見事です。
いつまでも見ていたくなる光景です。

 

モクレンとハクモクレンの違い

ハクモクレンの事もモクレンと呼んだりもしますが、モクレン(木蓮)とは別種とされています。

モクレン(木蓮)も同じモクレン科・モクレン属ですが、モクレンは紫色の花を咲かせます。シモクレン(紫木蓮)とも呼ばれます。

  • ハクモクレンは、モクレンよりは半月ほど早く咲く。
  • ハクモクレンは、大型の種類で10mを越す大木となりますが、モクレンは背丈が3~5m程度にとどまる。
  • モクレンは群生するが、ハクモクレンは単独で植栽されることが多い。
  • モクレンは紫色。

 

コブシとハクモクレンの違い

春になると木いっぱいに白い花を咲かせるコブシ(辛夷)。
ハクモクレンに似た花を咲かせるので間違いやすい。

コブシもモクレン科・モクレン属ですが花の形や咲き方が違います。

  • コブシは花が小さく広がって咲く、ハナモクレンは上向きでカップ状(半開状)
  • 開花時期がハナモクレンよりも遅い。

 

コブシの方が花びらも小さめです。
花弁が6枚で、花の中心が見えるような咲き方をしてたらコブシですよ。

また、ハクモクレンは中国が原産地ですが、コブシは日本原産です。