セダム 黄色い花のメキシコマンネングサが庭で満開

メキシコマンネングサの花の写真
Pocket

セダムの一種、多肉植物の「メキシコマンネングサ」は、春になると鮮やかな黄色い花をたくさん咲かせます。

グランドカバーなどでも用いられる植物ですが、花の時期は茎を立ち上げ、黄色のお花畑になるのできれい。少しばかり菜の花の満開を連想させるような一面もあります。

メキシコマンネングサの地植えは、手間いらずで簡単です。
何もしなくても毎年花を咲かせ、次から次へと勝手に増えていきます。

雑草並みに繫殖力は、ちょっと困りものですが、冬でも鮮やかなグリーンが美しい植物です。

 

メキシコマンネングサ、地植えでの花の様子や育て方

メキシコマンネングサ、庭で咲いた満開の花のようす

ベンケイソウ科マンネングサ属 多年草。

関東以西の本州、四国、九州で帰化してます。道端などでも見かける草花。
(写真は、5月のはじめに撮影したもの。)

 

メキシコマンネングサの特徴

メキシコマンネングサ、緑のカーペット 矢印のイラスト 庭のメキシコマンネングサ、黄色い花が咲き乱れる様子

 

メキシコマンネングサは、通常は緑のカーペットのようですが、花が咲くときには葉が上へと伸びて背丈が高くなり、黄色の小花を次々咲かせます。

花序が傘状に広がるのも特徴的。

植物標本がメキシコで採取されたことから「セダム・メキシカナム」と命名されていますが、メキシコやアメリカに自然分布は無く、原産地は不明。

マンネングサという名前は、とても丈夫なことと常緑であることからその名前がついてます。

 

学名:Sedum mexicanum
科・属名:ベンケイソウ科/マンネングサ属(セダム属)
背丈:10㎝~20㎝
花期:4月~6月

 

メキシコマンネングサの花

メキシコマンネングサの花の写真

茎の頂部に花序を出し、小さな黄色い花を多数咲かせます。

メキシコマンネングサの花のアップ写真

花序は花茎が水平に伸びた傘状に広がり、花は1センチ前後、先が尖った5弁花。
雄しべは、10本。

 

メキシコマンネングサの花の蕾

蕾の様子。

メキシコマンネングサの花の後の果実

花が終わると、果実は星形。
熟すと裂開して種子がこぼれます。

 

 

メキシコマンネングサの葉

メキシコマンネングサの葉の様子の写真

葉は、ふっくら肉厚で光沢があり、1~2㎝程度の先が尖った広線形。
赤色を帯びてる部分もあります。

メキシコマンネングサの葉、新芽や新株の写真

新しい株も次々に誕生しているような・・・

 

 

開花前のメキシコマンネングサ 3月のようす

3月のメキシコマンネングサの様子の写真

春になると。茎を立ち上げます。

開花前のメキシコマンネングサの様子の写真

開花前のメキシコマンネングサ。

 

 

冬のメキシコマンネングサはどんな感じ?

冬のメキシコマンネングサ、緑のカーペットのよう。

11月の終わりのメキシコマンネングサ。
緑のカーペットのようです。

冬のメキシコマンネングサのアップ写真

冬でも一面みどりで綺麗です。
松葉ボタンにも少し似た葉ですね。

メキシコマンネングサ、赤みを帯びた葉の写真

1月になると、所々紅葉しているような様子も見られました。

 

 

メキシコマンネングサの育て方

花壇の縁取り、メキシコマンネングサが咲いてる様子の写真

花壇に勝手に侵入してきたメキシコマンネングサ。
地面を覆うように伸び広がっていくので花壇の縁取りにと、そのまま植えています。(随分間引いたのですが・・)

メキシコマンネングサは、知らない間にあちこち芽を出してくるほど、丈夫な性質で、放任でもよく育ち、よく広がる植物。

基本的には放置、増えたら間引くの繰り返しです。
しっかり根を張るといった感じでないので、引っ張ると簡単に抜けるような植物です。

増やしたい場合は、挿し木や小さな株をで簡単に増えます。

寒さと乾燥には強く、関東地域の平野部では戸外での冬越しが可能のようです。

 

 

多肉植物とサボテンの寄せ植えの写真

多肉植物とサボテンの寄せ植えもオシャレで可愛い!

2020-02-13
ウスゲショウ(薄化粧)の花が咲いた様子の写真

ウスゲショウ(薄化粧) 黄色の花を咲かせる多肉植物

2020-04-08